So-net無料ブログ作成
検索選択

女将の爪切り  旧ブログより [デザイン]



女将はその病気の性質から、左半身にやや運動に不自由さが残っている。

ほとんどの日常的なことはできるのだけれど、
とくにむずかしいのは、爪切りだ。

左手の握力が落ちているのと、そのコントロールが難しいらしい。

じっさい、自分でもやってみたが
深爪しそうでとてもこわい。

ぼくが手伝うのは簡単なことだけど、
女将は粘り強く自分で切っている。

何分もかかって、やっと右手の爪が切り終わる。

いつもそれを見ていて、デザイナーとしてやってみたいことがあった。

それは彼女が「自分で切りたい」という希望はそのままに、
ただちょっとだけ陰ながら応援する、ていどのことだ。


こういうものです。

爪切り全体1.jpg
爪切り全体2.jpg

作りはいたって簡単です。

15~20mm厚くらいの板切れに爪切りを木ネジで止めるだけです。
爪切り部品.jpg


ぼくは女将へのラヴを込めたので(照れてます)ハートにしましたが、
別になにも込めなくてもかまいません。
その場合は10cm×10cmくらいの四角でもいいと思います。


DIYセンターなどでは、そのくらいの板切れでしたら
「ご自由にお持ちください」
かもしれません。

ただ、紙ヤスリで角を滑らかにしてくださいね。
爪を切っていて、棘を刺したのではなんにもなりませんから。



女将が実際に爪を切っている図。

爪切り中.jpg



こうやっても切れます。

爪切り中2.jpg



こういったものはなかなか商品としては流通しないので、
もし身近な方で半身に不自由をお持ちの方がいらっしゃったら、
どうか作ってあげてください。