So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴーヤの赤ちゃんの、味 [好奇心]



買ったばかりのカメラで試し撮りをして、
Twitterにゴーヤの赤ちゃんの写真をアップした。

それを見た友人Tomは、

「ゴーヤの赤ちゃんに味噌つけて食ったら旨いかなぁ・・・」

と、つぶやいた。


それって、やったことないなぁ。


でも、なんてったって、相手はまだ赤ちゃんだ。


「ちょっと身がもだえるほどかわいそうな気もするけど、やってみようか」

と返信した。


「身がもだえるほど旨いかも」

と、返信がきた。





だって、こんなに小さい赤ちゃんなのだ。

ゴーヤの赤ちゃん.jpg



身もだえしながら、すまん、とこころで叫びつつも、
きちんと味噌と皿を用意するぼくって。

ゴーヤと味噌.jpg


食する。


ぽりん。

え? いい食感。

最高な状態のもぎたてキュウリの、それだ。

あたりまえか。

もぎたてだし。
瓜科だし。



うわ〜、青くせぇ。

うぇ〜、苦い。


あれ?
でも、美味い。

美味い、美味い。

とくに食感がいいな。

これだけで、ビール小瓶一本いけるかな。


いいなぁ、リニューアル黒森庵で出すか。

「もろきゅう」

じゃないから、なんだろ。

「もろごうや」

なんか、おもしろいな。

いっそ

「黒森庵有機無農薬契約栽培農場の、もぎたてゴーヤの赤ちゃん味噌和え」

ちょっと長いし、たいそうだな。



いや、むりだ、
出すほど穫れないのを忘れてた。


ここまで読んでいただいてすみませんでした。

まぼろしの
「ゴーヤの赤ちゃん」
の味でした。



赤ちゃんゴーヤを穫りにいったら、
こんな赤ちゃんもいました。

かまきりBABY.jpg