So-net無料ブログ作成
検索選択

女将の体調、その後 [黒森庵]


今日は女将の定期検診だった。

肝がすわった女将ではあるが、さすがに検診の前日は心配になるらしい。


そういうときに女将がする行動は。




それは、料理。

好きなことをする、という意味ですね。



今までに、二回、
ぼくはゴーヤの赤ちゃんを食べてしまったので、
今年のゴーヤはどうなるのだろう、などと心配していたら、
まったくの杞憂だった。

100720ゴーヤ.jpg



新鮮な食材が手に入った女将が料理をしないわけがない。

ゴーやチャンプルー.jpg
ゴーヤチャンプルーですね。


三女がそれに追随する。
もものロールケーキ.jpg
チョコレートロールケーキですね(35cmほどはあったでしょうか)。


美味しい夕食そして、美味しいデザートを食べ、
みな満足して熟睡し、翌日に備える。



翌朝、それぞれに朝食。

ぼくの、あさめし。

100721あさめしzoom.jpg
女将が昨日焼いたパンは、「黒ごま入りパン」でした。



遅めの食事をして、病院へ。

100721HPBLD.jpg
女将が採血をしています。



100721hospital.jpg
女将がMRIをしています。



検査結果は?


きわめて順調、と笑顔の主治医。


次の検査は、隔月に。
(今までは月一でした)



よかった。



手術・治療のすべてが良い方向に働き、
このように女将は元気になりました。
(失行といって、術後に起きる身体的不自由さは多少残りましたが)



ぼくら家族も、月一で定期検査の結果を固唾を飲んで見ているのですが、
退院後、毎月、ほっと安心して今日に至っています。

そして今日、それが隔月の検査になりました。


奇跡的としか思えません。


主治医をはじめとする医療チームに感謝しています。

そして、神と言ってよいのか分らないけど、
すべての元、のような存在がもしあるとすれば、
感謝します。



黒森庵がなかなか再開できなかった理由は、
こうした女将の状態がありました。


たぶん、この調子でゆけば、
9月には再開できそうです。


検査から帰ったら、愛猫は「動物的勘」からか、
安心しきって寝ていました。

100721hnzn.jpg