So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱり乗りなれたやつは、いいなぁ [自転車]

例の「築地 "RICKENBACKER"スペシャル号」がおかしくなった話しは、
前にしたかと思う。


ハブという軸受け部分に異常、とは睨んでいた。


直したい気持ちは山ほどあるのだが、
婦人自転車(ママチャリですね)がベースのこの車、
リアホイールを外すのは、意外とめんどうくさい。


重症ならばホイール全交換なのだが、
ぼくの「勘」だと、そこまではイっていない気がする。


暑さでクラクラだから、
家の中でも外でも同じだ。


やろう。

めんどうくさい解体部分の写真は、省く。


ここがハブです。

ハブ1.jpg



ここの中にベアリングが入っているのですが、
球当たりが悪かったり(いわゆる「隙間調整」のことです)、
グリースがなくなっちゃったりすると、
困ったことになる。

開けてみる。

「ハブスパナ」という工具が必要です(ぼくのは安物ですが)。

ハブスパナ.jpg



左は大丈夫そう。

右ベアリング受け.jpg
右ベアリングとハブ.jpg


右は。


おお、まっ茶色!

左ベアリング受け.jpg



ベアリングもだ。

左ベアリングとハブ.jpg

グリース! どこだ〜ぃ! (いませんね)



原因は、ここだった。


幸い、まだなんとか油脂が残っている状態。

球押しも削れていない。


グリース投入でなんとかなりそうと判断。

詰めるだけ詰めて、封入。

組み立てたハブ洗浄前.jpg



汚かったので、そうじ、そうじ。

組み立てたハブ洗浄後.jpg



ついでにローラーブレーキにもグリース注入。

ローラーブレーキグリス注入.jpg


チェーン嵌めが、ケースに落としてしまうと
ちょっとめんどうくさいが、

チェーンはめ.jpg



クリア。

チェン完了.jpg



組み上げ完了。

組み上げ完了.jpg



よみがえりました。

RICKENBACKERすぺしゃる.jpg



試乗。

ああ、やっぱり身体が慣れているなぁ。

でもなぁ、「泥だらけのキツネ号」も、いいなぁ。



しばらく悩むとしよう。


うれしい。