So-net無料ブログ作成
検索選択

そば屋が、パン屋の宣伝を、しますとも。「タビタのパン」 [そば屋ともだち、そばとも、とも]

もう何十年前だろう。


ぼくが企業デザイナーをやめて八ヶ岳に移り住んだ時期、

ある日、若いカップルがぼくの家にやってきた。

たしか富ヶ谷「ルヴァン」の甲田さんから紹介された、
そういうようなお話だった気がする。
(甲田さんとぼくは、もうずいぶん長いお付き合いなんだなぁ)



ボロボロ(失礼)のジムニー(軽ジープですね)に乗ってきた彼らは、
会ったとたんにほっとするような、
独特の暖かさを持った、純朴なカップルだった。


わざわざ八ヶ岳のぼくのところまできてくれた、
理由を尋ねると、こういう話しだった。



自分たちはふたりとも、「ルヴァン」でパン焼きと石臼製粉の技術を学んだ。

これから自分たちの店を開きたい。

それは石臼自家製粉、自家製酵母、石釜焼きの店だ。

その前に、ヨーロッパへ行って、
自分たちの目で、彼らがどういうふうに石臼で製粉し、
どうやって酵母を管理し、
どうやって生地を発酵させ、
どんなパンを焼いているのか知りたい。

どういうふうに石釜を作っているのか、知りたい。

できれば、アルバイトとして、現地で焼いてみたい。

加東さんはイタリア生活の経験があるから、
どこでもいいから知っているパン屋さんはありませんか?

というような話しだった。


じつに基本をおさえた、地に足の着いた話の筋に、
ぼくは驚いた。


残念ながら、ぼくはイタリア在住当時はデザインの仕事に追われていて、
パン屋にはそれらしいツテはなかった。


それでも、なにがしかのアドバイスをお伝えし、
お別れしたかと思う。



しばらくして、ヨーロッパ各地から、
彼らの絵はがきが届きはじめた。


え? もう行っちゃったんだ。



各地のパン屋さんにもぐり込み、
実際に製粉、パン焼きをやらせてもらっているという。



すごい行動力、バイタリティ。

おとなしくて、そういう感じの二人とは思えないのになぁ。



そのうち、ぱたっと便りが途絶えた。


ちょっと心配になるくらいの間隔の後に、
再びいただいた便りは、今度は北海道からだった。



私たちは、今、住む場所を探して、日本中をまわっています。

羊蹄山の水が美味しいので、ここにしたいと話し合っています。



そういう内容だった。



ああ、このご夫妻は、ほんとうに根本を外さない。



しばらくして、また便りがあった。



今、開田高原にいます。

ここはすごく良いところなので、ここに住むことにしました。

夫は、自分たちの家を建てるために、大工の見習いを始めました。





とうとう、パン屋を始めるという便りかと思ったら、

大工になる、という便りだった。



まずは自分たちの巣作り、ということだ。


がんばれ、がんばれ、とぼくと妻(現女将ですね)。



それからまたしばらくして、お便り。



大工は一応見習いを卒業しました。

家はなんとか建てはじめました。

と基礎打をした写真付で近況を知らせていただいた。


赤ちゃんも産まれたそうだ。


家族はティピー(インディアンのテントですね)に住みながら、
目の前で自分たちの家を夫婦で造っている。



まるで「大草原の小さな家」だ。



時折いただくお便りと写真は、読んでいて感動そのものだった。

お二人が大きな愛情で育んでいる、赤ちゃんの写真、

ご主人がねじり鉢巻で、孤軍奮闘して自宅を建てている写真、

「とりあえず、住める部屋ができました」(家ではなく、「部屋」です)

「やっと、お風呂ができました」

という報告写真、などなど。



極寒の開田高原の冬の、家族風呂は最高だっただろう。




そうした努力の末に産まれたパン屋さんが、「タビタのパン」です。



こういう看板や、
タビタ看板大.jpg



当時使っていたであろうものたちがあったり、
こんなの1.jpg
ストーヴ.jpg



こんなだったり。
リース.jpg




店はこういう感じです。
P1070019.jpg
奥に自家製の石釜が鎮座しています。


タビタの全景
タビタ全景.jpg
奥が店舗兼母屋で、手前でオープン・カフェを楽しめるスペースになっています。


主役のパンたちです。
胡桃のカンパーニュ.jpg
胡桃のカンパーニュ。


パン・ド・ミ.jpg
パン・ド・ミ。


モカ・マフィン.jpg
モカ・マフィン。


あんぱん.jpg
あんぱん。


干しリンゴのビスケット.jpg
干しリンゴのビスケット。

すてきな1.jpg
あ、これはタビタの愛犬ですね。



喫茶もあり、店内でも、戸外でも飲食ができます。

晴れていたら、もちろん外がお勧めです。


メニューです。
メニュー1.jpg
メニュー2.jpg


パンはほとんど全種類いただきましたが、
どれもこれも、
ほわっと、
愛情がこもっているのが伝わってくる、
たいへん美味しいものでした。





開田高原の懐に抱かれた場所にある、タビタで至福のひとときを過ごし、

近くのペンションでおみやげに、といただいた袋を開けると、




大カンパーニュ.jpg

ふわ〜っと、香り立ち込め、風味は噛み締めるほどに深く、

最高のカンパーニュでした。



お近くを通ることがあれば、ぜひお立ち寄りください。

お勧めします。




「タビタのパン」
http://www.jotenki.com/tabita/index.html


長野県木曽郡木曽町開田高原西野6322-487

0264-44-2870

月・火曜(祝日の場合は営業)

JR中央本線木曽福島駅からタクシーで40分

駐車場あり(無料)

(夏期は、とても混むようなので、電話をしてからのほうがよさそうです。
 価格は、2008年のときのものです)