So-net無料ブログ作成
検索選択

そば屋が、そば屋の宣伝を、しますとも  新江古田「じゆうさん」 [そば屋ともだち、そばとも、とも]

人間、不思議なもので、

なにかを感じ取ると、なにかが、ふっ、と頭に浮かんでくることがある。


条件反射というか。


夏、暑い、おなかがすいた、そばが食べたい。


この条件がそろうと、ふっ、と浮かんでくるそば屋さんがある。


「じゆうさん」

じゆうさん.jpg


元々は創業が昭和一桁という老舗のお店で、

ご両親が若ご主人の脇をがちっと固めておられる。


こちらのご主人、まじめ。


ものすごく、まじめ。

そして勉強家。

手を抜かない。

静かな情熱家。


と、勝手にそう感じています。



少しだけ昼酒を、と、

おすすめメニューの中から「豊潤 特別純米」をお願いする。

豊潤.jpg


お通しは、山葵漬け(自家製だそうです)。

お通し.jpg


とろとろと、舌触り良く、

これだけですでにセンスが光っている。

小さな焼海苔が、てっぺんに添えられている。

味はもちろん美味しいが、目にも美しい。




メニューの中から、

「豆富味噌づけ」

「夏野菜冷製(無農薬)」

をいただく。



豆富味噌づけ.jpg
「豆富味噌づけ」



なんと美しい。

カラフルな皿はイタリア製という。

他にもあるんです、と見せていただいた皿も。

皿1.jpg
皿2.jpg
ん〜、きれいだ。




そうそう、豆富だ。

おお、クリーミー。

「こんくらい」といいたい、程よい味噌の風味。

黒胡椒を砕いたものが降られていて、
口の中で和と洋が渾然一体となる、ああ、おいしい。

食器も、和と洋、おしゃれだなぁ。



続いて「夏野菜冷製(無農薬)」

ん〜、これまたその姿に釘付けに。

夏野菜1.jpg


なんだろう、和布蕪かな、
細かく刻んだ海藻的なとろとろソース。

夏野菜2.jpg

オイルで味を野菜に絡ませるのではないから、
野菜本来の味がしっかりと味わえ、
後味はすっきりこの上ない。

茗荷の風味がスパイスで、絶妙。

とろとろ・ねばねば系はとくにこの時期、身体によさそう。


豊潤が、これまた美しい酒で、清々しい。



そろそろ、そばを。

もりそば.jpg


安曇野だという。

顔を近づけるまでもなく力強く香る。

この時期に、この香り。

今年、うちは休業していてよかった。

でなければ、きっと嫉妬していた。


ぼくの記憶では、数十年前の黒姫在来に似た、

力強くも、同時に気品のある風味だ。


もり汁も、それをしっかりと受けとめる。


ああ、うっとり。



では、次に、あれを。


夏になると、どうしても食べたい(パブロフの犬?)。

梅冷やかけ.jpg
じゆうさんといえば、「梅おろし」(と、ぼくは勝手にそう決めています)


極上の冷やかけ汁。

(たいへんだろうなぁ、作るの、と、おなじそば屋のひとり言です)


そのかけ汁を凍らして、梅干し(自家製だそうです)を包んで、
球状にしたものが、そばの上に添えられている。


それをスプーンでほぐしながら、いただく。

ザクザクの、粗い大根おろしと、茗荷。

食べ進んでゆくにつれ、汁が冷えてゆく楽しさ。



至福。


細かなところにまで気が行き届いていて、

オブジェ.jpg

目で、お腹で、たっぷり堪能させていただきました。



ごちそうさまでした。


店を出て、ふと目にした蕎麦の双葉。

そばの芽.jpg



これ、収穫して打つのかな。

食べたい。




手打そば「じゆうさん」

住所:中野区江原町3-1-4
電話:03-3951-3397
11:00〜14:30 / 17:00〜21:00
休日:月曜