So-net無料ブログ作成

ポタ・ド・和田峠 [ポタリング]




こんな題にしちゃって、いいのかなぁ。

ま、いい。



前回の和田峠はこうだった。



つまり、ぼくより一回り若いNさんに、

風よけ役をやってもらっての(ドラフティングでしたね)登頂だった。



それがなんともくやしい。



単独登頂ができないものか。




女将の自宅治療が終わり、今朝の調子はよさそう。


快晴。

行くっきゃないな。



でも、和田峠に着く前に足が売り切れていたら困るので、
(「足が売り切れる」とは、疲れて、もう走れなくなることを言います)

峠までは「ポタリング」気分で行くことにした。



ひんしゅくを買うのは覚悟だ。


「ポタ・ド・和田峠」


GO!



あ、まず、でも腹ごしらえをしないと。

三女が昨日焼いたパンとカフェ・ラッテ。

パンを切ってみたら、レーズンと、なんとアンズ。

甘酸っぱくてぱくぱく、ごっくん。

ももパン.jpg



では、GO!



ポタと決めたのだから、ゆっくりなのだ。


神田川沿いのサイクリングロードを、

歩行者の邪魔にならないように。



おお、久我山の操車場。

久我山操車場.jpg
昔の井の頭線の電車は、緑ガエルみたいな色だったなぁ(検索すると、出てきます)。



久我山の電気屋さん。

ナショナル坊や.jpg
「ナショナル坊や」と呼ぶらしいです。


東八道路を左折すると、自転車道路が。

自転車道路.jpg
自転車道路2.jpg
でも、どこか「自転車は悪者」的なにおいがしてしまうのは、ぼくだけだろうか。



甲州街道を越え、多摩サイを西へ。


多摩サイのオアシス(7/11ですね)で、補給食。

オアシスにて.jpg
へんな取り合わせだと心配ですか?
だいじょうぶです、ちゃんとボトルには麦茶が入っています。
抹茶ラテは、デザート代わりです。


ポタポタ走っているわりには30km/hくらい出ちゃったりして、

いたって調子が良い。


意外と早く目的地周辺に。


それでも、気持ちは今日はなんといってもポタだから、

いろいろなものが見える。


ああ、100m手前から標識があった。

和田峠まで100m.jpg



おお、50m手前にも。

和田峠まで50m.jpg



そして10m手前。

和田峠まで10m.jpg



今まで、50m、100mの標識を見逃していました。


先のブログで

「『この先10m』っていわれてもなぁ。

もう少し手前で教えてくれるのが、いいなぁ。

わかったからいいけど」

なんて書いてしまった。

すみませんでした、東京都南多摩西部建設事務所さま(ぺこり)。



山の下草刈り?

ずいぶん急なところで、落ちないでください。

下草刈り.jpg



スタート地点。

スタート地点.jpg



やっぱり、足が全然楽、フレッシュだ。



GO!



途中はすべて省略します。



GOAL!

登頂.jpg


足を着かずに、登れたぞ。


すごく暑かったけど、水分補給しないですむくらいのタイムだった、

とだけいっておこう。



一休憩して、帰路。


帰りも、今日はポタだから、

ゆっくり下りるのだ。


なにをするかというと、各カーブの斜度を、

例の「新兵器」で測りながら下りるのだ。

新兵器.jpg
(意外と正確なようですが、あくまで「こんくらい」ということで)


下りながらなので、順番が逆ですが、
カーブ#での斜度、そしてときどき、
カーブとカーブの「あいだ」の斜度を測りました。

以下のとおり(20%超えは★マークをつけておきました)。

#57 16%
#56 15%
#55 15%
#54 27%(max in) 9%(out)★
#53 15%
#52 12%
#51 23%(max in) 14%(out) 16%(ave)★
#50 9%
途中10~12%
#49 9%
途中10~12%
#48 16%
途中15%
#47 15%
途中12%
#46 14%
#45 12%
#44 20%★
#43 15%
#42 12%
途中10~12%
#41 9%
#40 標識見当たらず
#39 〃
途中12~14%
#38 12%
#38手前20%あり★
#37 標識見当たらず
#36 8%
途中14~16%
#35 15%
途中12~14%
#34 17%
途中13%
#33 13%
途中16%
#32 12.5%

あとは、10%以下だと思います。


と、こんなポタをしながら下りてきた。



下りていたら、上からすごいスピードで下りてきたローディーが、
(ローディ=ロード・バイク乗りのことです)

あっというまにぼくを追い抜き、

しばらくして、また登ってきた。



何本登るんだ?


若者よ、がんばってくれ。




帰路もすべてポタリングのはずだったが、

なぜか足がまだ残っていて快適に帰宅。

総走行距離115.4kmの、

暑くて、つらくて、楽しいポタリングだった。



いいなぁ、和田峠。