So-net無料ブログ作成
検索選択

柏木圭さん [デザイン]




マルセル・デュシャン、柳宗悦をこよなく愛する柏木さんは、

木工作家だが、そこに収まる人ではない。


芸術、哲学、心理学、自然科学、農、食、整体、等々、

彼の生きることへの興味は尽きることがない。



サザビー家具部門の中古家具修復&新作家具作りをしたのち、独立。

たぶん、独立してほどなくして、知り合ったんじゃないかと思う。



20ん年前のことだったか。



そのころに、ぼくは彼にそば打ち台を作っていただいた。

それは今でも、黒森庵の打場で、バリバリの現役として働いてくれている。

今でも台を搬入してくれた日のことを、鮮明に覚えている。


なんとすばらしい技術なのだ。

なんと美しい作品なのだ。


それを正直に伝えると、子供のようにはにかんだ顔で、

「ああ、よかった」

と答えてくださった。


彼は、そのすぐあと東京を離れ、

長野県大町美麻村にある「遊学舎」に工房を構えた。


ぼくは当時、出張の蕎麦打として忙しかったし、

彼は新天地で活躍、

自然とお互いの行き来が遠くなった。


いま、黒森庵の再開の準備をしていて、

そば打ち台を見ては

「柏木さん、どうしていらっしゃるのか」

と思っていた。



その彼となんと、Twitterで再会した。


これだから、世の中は面白い。

毎年、この時期にぼくはそば生産者さんを巡る。


いつもだと家族旅行となるのだが、今年は女将のことがある。

長距離の旅行は現状では難しいので、ぼく単独での行動になった。


今回は富山への旅。


途中下車して、柏木さんに会おう。


そう思った。



Twitterを駆使して(大げさですね)連絡を取り合い、

こんな看板や、
「ね」でないところが.jpg
「ね」、でなく、「な」というところが、いいなぁ。


こんな急坂を通り、
峠2.jpg
次回は絶対に自転車を積んでこよう。



ついに。

0913柏木工房.jpg
柏木さん工房.jpg
0913柏木工房2.jpg

まさに「工房」だ。

ぼくが、夢に描いているような。


柏木さんに会ったとたんに、時のギャップを飛び越し、

さまざまな話しをお互いに堪能した。



一段落したところで、彼の最近の作品を観せていただいた。



椅子。

0913柏木工房3.jpg

う、美しい。



スピンドルと、砧。

スピンドルと、砧.jpg

ああ、うっとり。

糸を紡ぐ道具(スピンドル)と、布作りの道具(砧)たちですね。



これは、なんでしょう?

100913柏木工房6.jpg



こうやって、作ります。

万力.jpg

じっさいに、その場で、すぐに作ってみせてくれました。
(足で挟む万力も、彼の自作です)



答えは、箸入れと、箸です。

箸と箸箱.jpg

正確には「栗懐中箸入れ」と呼び、

日本民芸館展に入選し、東京では日本民芸館で入手可能です。


彼が自作している南京鉋たち。

100913柏木工房5.jpg

その歯の部分のアップ。
鉋の歯アップ.jpg

仕込む前の豆鉋の歯と、ぼくの人差し指(小さいでしょ?)。
仕込む前の豆鉋の歯.jpg



では、これは?

さてこれは.jpg

馬のしっぽではありません。

「精麻」で作った、はたきです。

なんと美しいのだろう。



柏木さんはシェーカー家具も大好きとのことで、

わかる気がしました。


いま、ぼくは、柏木さんと、あるものを作ろうと、企んでいます。

もし成功したら、お披露目しますので、

楽しみにしていてください。



柏木さん、そして彼の作品にご興味がある方は、柏木圭さんのHPへ、お訪ねください。