So-net無料ブログ作成

1968年に、タイム・スリップを、します。 [こころのなかの、こんくらい]



うちには、いくつか、

使えなくなった「もの」たちが、いる。



使えないのだけど、どうしても捨てる気になれないので、

今でも持っている。


今日は、そのひとつをお見せします。


といっても、値打ちもん、とか、

お宝、とか、そういうものじゃありません。


CTR1.jpg
CTR2.jpg
CTR4.jpg
CTR5.jpg

おわかりですか?

これは、SONYが1968年に作った、

当時「世界最小」だったテープレコーダー、SONY TC-50です。

CTR6.jpg

カセットテープ・レコーダー13.jpg

ここにも書かれているように、

アポロ7号で使われたことでも有名になったものだ。

ウォークマンの元、といってもいいかもしれない。



当時中学生のぼくが、一番惹かれたのは、底のデザインだった。

カセットテープ・レコーダー6.jpg
カセットテープ・レコーダー8.jpg

蓋を取ると、バッテリーボックスが。
カセットテープ・レコーダー11.jpg
カセットテープ・レコーダー12.jpg
(電池を入れたら、モーターは生きていました。ベルトを交換すれば動く鴨)



亡くなった父は俳優をしていたが、

彼の鞄には、いつもこれが入っていた。

父の台詞覚えの「相棒」が、このカセットテープ・レコーダーだった。



父は、SONYの製品が好きだった。

ラジオはもとより、テレビ、ビデオ、などなど、

新しい製品が出ると、ほどなくして我が家にあった。



それらの製品は、ほかの日本の家電メーカーとは一線を画す、

斬新なデザインだった。



そのころは、ぼくはもうデザイナーになる夢をもっていたが、

後々、まさかSONYの「デザインをする側」になるなんて。



Mr.ウォークマンと呼ばれた、黒木靖夫さんの元で働けたことは、

ぼくにとっては、ほんとうに幸運だった。


盛田昭夫さん、伊深大さん、そして黒木靖夫さん。

この黄金のトライアングルのような関係から、

すばらしい製品が次々と生まれてゆくのを、

自分の、この目で、目撃できた。

それは、スリリングで、エキサイティングだった。



中学生当時のぼくは、

このテープレコーダーを手にして、

「ああ、日本にもこんなにきれいで、しっかりした製品がある」

と、自分が作ったわけでもないのに、

胸を張りたい気持ちが湧いたことを覚えている。


このテープレコーダーを作った、

まさにそのご本人たちと会え、

しかもいっしょに仕事をさせていただけた。


世の中、ほんとにわからない。





きれいなデザインだな、

きちんと作られていたんだな、

というだけで、

父が亡くなった後もずっと持ち続けてきた。

そして今も。



こういうものを見ていると、

がんばろう、

という気持ちにもなれるからです。