So-net無料ブログ作成
検索選択

女将の治療、とても良い! [黒森庵]



今日は,女将の治療日。


採血をして、

採血.jpg
採血2.jpg
血管を探すのが、一発! すごく上手な方でした。



主治医の診断は・・・




先生:「はい、血液の状態は、とても良いですね」


女将:「ああ、よかったです」


先生:「どうですか、パンは焼けていますか?」


女将:「はい、おかげさまで、なんか、うまく焼けちゃってます」


先生:「それは良い! とても薬が効いている、ということですね」




「では、治療続行しましょう!」



GO! GO!


治療というのは、新しい抗がん剤の点滴投与なのだが、

これが驚くことに、副作用が極めて少ない。


事実、女将の場合,まったくといってよいほど、

なにも、ない。



点滴も30分で終わる。

すべて含めても4〜50分程度。



ぼくは父を癌でなくしていますが、

そのときのことを思い出すと、

今女将がしている治療を、父にもしてやりたかったと思う。



医療の現場を、ここ一年見続けたが、

ほんとうにすばらしい。



こういう小さなところにも,気配りが。
止血帯.jpg
止血帯です。




女将が治療をしている間、

付き添いできてくれた三女とぼくは、コーヒーブレーク。

スタバ.jpg
うれしくて、つい、買ってしまった。



ほどなくして、治療も完了。


女将は、元気。


口笛でも吹きたいくらいだ。


帰り道、どこかで昼ご飯を、と提案したが、

寒さに弱い女将。

今日は雨も降っているから、家で食べることに。



家に戻っても副作用が出ていないことを確認し、

それでは、と、

ぼくは喜多見の「志美津や」さんに。


けっしてぼくだけ抜け駆けして、

おいしいそばを食べに、

というわけではない、よ。


理由は、国内産の玄麦が届いているよ、という連絡をもらっていたからだ。



つまりそれは、女将にとって、うれしいこと、だからだ。



だって、トム臼で、国内産強力粉を自家製粉できちゃって、

それで、パンが焼ける、

ということだからだ。



って、やっぱりなんか、うしろめたいのかな、ぼく。


でも、GO!



こんなのや、
そば豆腐.jpg
そば豆腐

こんなのや、
三品盛り.jpg
しめじ.jpg
煮玉子.jpg
鴨ロース.jpg
三品盛り

こんなのや、
牡蠣天せいろ二種盛り.jpg
牡蠣天せいろ二種盛り
牡蠣天.jpg
牡蠣天
北早生.jpg
キタワセ(美唄)
牡丹.jpg
牡丹(浦臼)

ふぅ、ああ、おいしかった。

ごちそうさまでした。



プチ「そば屋が,そば屋の宣伝を、しますとも 喜多見『志美津や』」


狛江市東野川4-13-5 
03-3489-0381 
11:30〜20;30
毎月6日・16日・26日原則
禁煙 P有り



やっぱり、ちょっとうしろめたかったです。


でも、これで許してください(志美津やさん、ありがとう)。

玄麦.jpg

粉まみれになって、遊んでください。




さて。


ここまで女将が元気なら,

とうとう黒森庵、再開できそうです。


昨日も家族会議をしました。

今日も、やります。

数日のうちに、再開のスケジュールをお知らせできそうです。


もう少しだけ、お待ちください。




ああ、とってもうれしい、おいしい、一日でした。