So-net無料ブログ作成

鳴瀬一中での「茹で出し」、成功裏に終了!


行きたかった。



菅原さんを始めとして、避難されている方々にお会いしたかったし、


「茹で出し」を手伝いたかったし、


横山シェフの料理を、食べたかった!



避難所の方々は土曜日だとみんなが集合できるというので、

当初、茹で出しの予定日は6月11日だった。


でも、その日は東日本大震災(これが正式名称なの?)から3ヶ月目で、

どの宿も予約でいっぱいだったので、断念。


その次の6月18日は、

今度は被災地各地で「百か日」の法要があり、

皆さん忙しくされるようなので、もちろん断念。


ならばということで満を持して決定された6月25日だったが、

想定外(こういう時は使ってもいいでしょ?)に女将の体調が悪化したため、

直前まで迷ったが、ぼくは今回は不参加、

そのかわり、三女を送り込むということになったあたりまでは、

昨日のブログに記した。


昨日のうちに山形に入っていたので、

今日はさっそく現地入り。



設営開始.jpg
朝10時過ぎ、設営開始。


テント完成.jpg
あっというまにテント完成。


シェフ、登場.jpg
三女も、銀座リアナのユニホームをお借りして。


スライサーがあるということは・・・、

ぷ、ぷ、っぷ、プロシュートがあったにちがいない。

ん〜、うらやましくなんか・・・、ちょっと、ある。


カルボナーラ調理中.jpg
横山シェフ、カルボナーラ中。


サービス開始.jpg
サービス開始。


少年野球チーム.jpg
少年野球チームのご来場。


菅原さんもリラックス?.jpg
イタリア料理大好きの菅原さん、リラックスして。


野球チームのご挨拶.jpg
少年野球チームからお礼のご挨拶をいただいた(そうです)。



よかった、成功だったようだ。


伊東史子さん、

銀座リアナ横山シェフ、スタッフ皆さん、

お疲れ様でした。




何度も書いているが、

被災地は圧倒的に復興が遅れている。

人手も足りない。


だから、細く長く、

いつまでも彼らを思い、

復興の支援の手を休めず続けることが大事だと思う。



(all iPhotoes by Fumiko Ito)



nice!(0) 

nice! 0