So-net無料ブログ作成
検索選択

新しい(?)ガイガーカウンター君、我が家へ。




ぼくは被災地へ行くことが多くなってきたことと、

家族が多いので、もう一台ガイガー君を入手した。


PKC-107.jpg



ところが、この子はなかなか一筋縄では行かない。



そこが、なんとも魅力的ではある。


操作面.jpg
操作面、シンプル。


裏面.jpg
裏面、made in なんたら、銘板ひとつなし、潔い(潔いのか?)。


裏面2.jpg
ガイガー・ミューラー管×2本、頼もしい。


ガイガーミューラー管の大きさ.jpg
ガイガー・ミューラー管の大きさ・太さをTERRAと比較、ますます頼もしい。



きっと感度はすこぶるよいのだろう、わく、わく。



そのせいかどうか素人にはよく分らないが、

TERRAより高めの数値が多い気がしないでもない(そんなんでいいのか?)。



ま、とにかく測り倒してみよう。



自宅前0.11.jpg
自宅前 0.11μSv/h


横町を曲がったところ0.16.jpg
横町を曲がったところ 0.16μSv/h


セブンイレブン前0.11.jpg
セブンイレブン前0.11μSv/h


シャトレーゼ前0.13.jpg
シャトレーゼ前0.13μSv/h


黒森庵前0.15.jpg
黒森庵前に戻ってみると 0.15μSv/h


ちょっと、ばらつくなぁ。


TERRAだと、こういう大幅な上下はあんまりない気がする。




おし、室内で定点観測してみよう。


0.10.jpg
0.10μSv/h

0.15.jpg
0.15μSv/h

0.17.jpg
0.17μSv/h

0.13.jpg
0.13μSv/h

0.15−2.jpg
0.15μSv/h

0.12.jpg
0.12μSv/h


で、最高値は、

0.21最高値.jpg
0.21μSv/h


最低値は、

0.09最低値.jpg
0.09μSv/h


ん〜、

同じ部屋で、

たった10分足らずの間に、

この変動幅は、どうだ。



ぜんぜん平均化してくれていない感じ。


情報をぶつけてくるかんじ。



ま、

精密だというふーに受け取っておけばよいか。



TERRAだって、どこまで正確なのかはわからないし。




ちょっとキッチンコートに行ってみよう。


あそこはTERRAだと平均は0.09~0.10μSv/hくらいだったな。



その前に、

玄関前で測ってから、ね。


0.14 0.16.jpg
0.14μSv/h VS 0.16μSv/h


0.15 0.15.jpg
0.15μSv/h VS 0.15μSv/h お、ぴったり!


0.15 0.20.jpg
0.15μSv/h VS 0.20μSv/h ということもあった。


あれ、

それにしても今日はちょっと高めかな。



では、キッチンコート内。


0.09 0.12.jpg
0.09μSv/h VS 0.12μSv/h


0.08 0.12.jpg
0.08μSv/h VS 0.12μSv/h


やはりキッチンコート内は数値は低い。

大きなビル、病院はおしなべて低い数値を示す(ようだ)。



帰路。


自宅周辺0.10 0.12.jpg
自宅周辺 0.10μSv/h VS 0.12μSv/h


0.11 0.10.jpg
0.11μSv/h VS 0.10μSv/h こんなこともある(帰宅ホヤホヤの室内)。



ということで、

TERRA MKS-05は、適時データを演算・平均化して表示、

PKC-107は、大きな網で補足し、あまり修正せずに表示、

そんなかんじか。



すごく良くできたフル装備のリッターカーか、

古き良き時代のV8のアメ車か。


はたまた、

化粧か、スッピンか、

いや、それはちょっとちがうか。



器機そのものの自己ノイズが大きいのかもしれないし、

このくらいの低い線量だと高い数値を出すのかもしれない。



ま、でも、この器械、



デザインも含めて、ぼくは好きです。



次回、福島などの高線量の地域に行くときに、

どういう反応を示すのか、

今から楽しみです。



楽しんで、どうする、


っていう話しもあるけど。



nice!(0) 

nice! 0