So-net無料ブログ作成
検索選択

女将からの、サインか、な?



明日で、女将が卒業して一ヶ月になる。


はやっ!



なにか朝起きると、今でも


「あ、病院行かなきゃ」


とか、


「着替え、洗っとくんだった」


とか思っては、


「あ、そっか、もうしなくていいんだ」


と、安堵してうっすらと寂しさが訪れたりしている。



そういとき、


「女将、どうしてるんだろうな」


と、思うんだ。




どうしてるんだろなぁ。




そんな感じで朝起きて、


ぼくはいつも放射線量の測定を開始する。


だいたい、一分計測×4回、 


それから写真アップ用に、平均値とおぼしき数値が出たらその写真を撮る。




それをパソコンに取り込んで、


平均値を計算し、写真とコメントを添えてツイッターにアップする。




その日もその作業をしていたら、


次女が起きてきた。



「おはよう」


と、ぼく。



やや、間があって、


「おはよう」


と、次女。



あれ、なんか元気ないな、


と思い、モニターから目を外し、


振り返ってみると、なんか立ち止ったまま、動かない。



あれ、なんか、へんだ。



「どうしたの?」



また、間が空く。



「だいじょうぶ? 眠れた?」



また、間が空く。



やっと重い口を開いた。


「おはよう。あのね、わたし、お母さんの夢を見たの。

それが、ものすごくリアルだったの」


「へぇ、どんな?」


「お母さん、もう病気治っちゃってて、ちょっとだけ不自由そうなんだけど、

でもすっかり元気で、この居間で、でも、卒業式をしたあとの、

今の、この居間で、音楽を聴きながら楽しそうに身体を動かしてるの」




音楽を聴いている.jpg
(by 次女)




「ふーん、いいね」


「おねえちゃん(長女)もいっしょにいるの」


「ふーん」


「お母さん、すごく元気で、病気前のあのはつらつとしたお母さんなの」


「そう! よかったじゃない」


「うん、そうなの。で、お父さんはなんか台所で料理してるの。

大きな音で音楽かけて」


「ふん、ふん」


「そしたら、おばあちゃんの庭のほうに小さな男の子がいるんだけど、

その子が、うちの中に入ってこようとするの」


「うん」


「でも、その子を見たとたん、『あ、これはまずい』って感じちゃったの」


「なにが?」


「あのね、その子は『あっちのひと』で、お母さんを迎えにきてるの」


「へぇ」


「で、わたし、お父さんを呼ぶんだけど、お父さん、料理に夢中なのか、聞こえないの」


「え、そうなの?」


「そうしたら、なんか、お母さんの力が抜けだしちゃって、

へなへな、ってなっちゃって、床にペタッて坐っちゃったの」


「へえ」


「そうなの、で、わたし、『お父さん! お父さん! お母さんがたいへんだよ!』って、

大声で呼ぶんだけど、『今これやってるから』って、

料理かなんかしていて、聞いてくれないの」


「そっかあ」


「で、お母さんに『急いで! なんかお父さんに伝えたいことって、ないの?』って、訊いたの。

そしたら、お父さんが来たんだけど、なんか、照れているらしくって、

もじもじしていて、なかなか話しださないの」


「ふーん」


「そしたら、お父さんも照れてるらしくって、

なんか、お互い中学生みたいに、背中をくっつけ合ってゆらゆらしてんの」




背中を合わせ.jpg
(by 次女)



「へぇ」


「それがなんかね、すごくかわいくて、いいの」


「そおかぁ」


「そしたら、お母さん、やっと言ったの・・・」


次の言葉を聞こうと、耳を澄ましていると、


長い間が空き、声を絞り出すように、



「『私はしあわせだから、晴之は晴之なりにしあわせになってね』って・・・」(晴之=ぼく)




くりくり.jpg
(by 次女)



それからは次女は鼻声だった。



「それを言うとね、お母さんは、その子どもとね、

もうその時は子どもじゃなくて、大人なんだけど、その人と、行っちゃうの」



そういう話しだった。



あっちの世界には、あっちの世界の「きまり」でもあるのかな。


それにしても、不思議で、


でも、うれしい話しだった。



女将は幸せでいる。



そしてぼくを慮ってくれる、女将らしい言葉だった。



夢?



それで、いい。



ぼくは、それを信じるよ。



しあわせで、よかった、


女将。




夜になって

辺りは暗くなり

月明かりだけになっちゃっても


こわくなんかない

ぜんぜん、こわくなんかないよ

きみさえいてくれれば、ね


ね 女将

そばにいてくれるかな

いてほしいなぁ

どうか、いっしょにいてほしい



もし見上げている空が

崩れ落ちてきちゃったとしても


山が崩れて海になっちゃっても


泣かないよ

ぜったい泣くもんか

きみがそばにいてくれさえすれば、だいじょうぶ


そばにいてほしい

あぁ、そばにいてほしい

そばにいてほしいんだ


もしきみが困っていたら

ぼくのそばにいて

ぼくのそばにいてほしいんだ

(ぼくはいつでもきみを助けられるから、ね)



Stand By Me



nice!(0) 

nice! 0