So-net無料ブログ作成

女将の味の、跡継ぎたち。


今日は女将の卒業式から、1ヶ月だ。




女将はとにかく、台所にいるのが好きなひとだった。



一日中台所にいても、ぜんぜん飽きない人だった。



そして彼女が作り出す料理というのは、


けっしてレストラン的なものではなく、


常に家庭料理だった。



で、家庭料理なんだけど、


これが、なぁ、


うまいんだなぁ。


その女将の味つまり、


「おふくろの味」


は、すでに上の娘たち三人には充分に伝わっている。




黒森庵の小さな料理たちは、


レシピこそ女将が作ったが、


開店当初から、料理は娘たちが交代で作っていたし、


そういう娘たち、


女将が卒業してからも腕前を発揮している。


しかも、これなどは、


女将でさえ作ったことがない料理だ。


半熟スパニッシュ・オムレツ+手作りベーコン.jpg
スパニッシュオムレツ(とろとろ半熟+自家製ベーコン)by次女(ベーコンの燻製は長女)


なんとまぁ、その、あれだ、


ああ、おいしいんだなぁ、


とっろ、とろ。




たたみかけるように、長女は


アッリョ・エ・パンチェッタ・エ・オッリョ.jpg
アッリョ・エ・パンチェッタ・エ・オッリョ


これがまた、なぁ、その、


ああ、おいしい、ぱくぱく、


ごちそうさま、なんて言ってたら、


なんと、末娘が、



末娘のミルクレープ.jpg
ミルクレープ



ん〜、まいった。


すごくおいしかった、


ごちそうさまでした。





ある日の夕食は、こうだ。


アメリカ産豚三枚肉.jpg
アメリカン・ポークの三枚肉と、


ブラジル産もも肉.jpg
ブラジル産鶏もも肉があったので、


野菜たち.jpg
埼玉産小松菜(ぎりぎりかな)、わけぎ(関西のどこか忘れた)、カナダ産大豆の揚げで、


なべ.jpg
つくねは、鶏を叩いて極粗びき団子にした(ブラジル産ひき肉がないからね)。



このつくねが、じつに、なんというか、


はふはふ、ああ、


うまいうまい、


ごちそうさまでした。




翌朝はもちろん、


鍋の残りで、


昨日の鍋の残りで作ったうどん.jpg
うどん。


糠漬け新香.jpg
糠漬け新香も、ね(by三女)



夜は久しぶりに、


万福飯店.jpg
万福飯店に。



水餃子とか.jpg
大好きな水餃子。


油淋鶏とか.jpg
油淋鶏。


海老そばとか.jpg
海老そば。


香港麺とか.jpg
香港麺。



あ〜、久しぶりで美味しかったぁ。


ごちそうさまでした。



食後は三女の、


ドーナツ.jpg
自家製天然酵母のパン生地ドーナツ。


これがなぁ、また、なぁ、


ああ、おいしい、


ぱくぱく、


ごちそうさまでした。



今朝なんか、


長女が


「お父さん、食べる?」


といって作ってくれた、


ポテトと自家製ベーコンの目玉焼き.jpg
ポテトと、長女手製のベーコンの、目玉焼き。


こんなんなって.jpg
これ、まじ、うまい。


パパイヤとか.jpg
ブッチ(ぼくの親友)から女将にいただいたパパイヤ。


ぼくはパパイヤが大好きで、

以前、家族でハワイに行ったとき、

借りたコンドミニアムにパパイヤが生っていて、

食べ放題だったので、食べ放題食べたら、

もうれつな蕁麻疹がでたくらい、

パパイヤ好きなのだ。


蕎麦職人のSさんからいただいた、


Sさんとうもろこし.jpg
抜群においしい、とうもろこし、で、


ん、とか.jpg
ん。



と、まぁ、


女将が長期旅行中な我が家なわけだが、


おいしい毎日で、いけねえ、いけねえ。


はい、お母さん.jpg
はい、お母さんも、ね。(これも、Sさんから。ありがとう!)



女将は、ほんとうに料理が好きだった。



けっして、よそ行きじゃないけど、


あったかくて、気が弛んじゃう、


そんなかんじ。



卒業一ヶ月だけど、


べつになんにもしないけど、


女将は楽しいことが大好きだから、



最後はこれでいってみよう。


Where the Hell is Matt?



一ヶ月、おめでとう!






nice!(0) 

nice! 0