So-net無料ブログ作成

秋深し 小布施の栗で Mt. Blanc


思い立って、長野・富山を測定してきて、


あっという間だ、


もう6日だ。



東京へ戻ってきてからも、


計測値が頭の中をぐるぐる回っていて、


そらぁ、もう、


神経衰弱か腸捻転か、


大変なわけでございましてな。



今日は、すべてを忘れようじゃないか。



煮詰まった時の、


我が家の対処法は、





富山の最初の晩に、ぼくが


ぼくがこれ1.jpg
これを食べている時、


東京の家族は、長女が焼いた、


家ではステーキ.jpg
親友からもらったUS牛のサーロイン・ステーキ。


家ではサラダ.jpg
サラダ。


かなりいいのではないか.jpg
なかなかいい焼け具合ではないか、ごくり。



翌日の昼、ぼくが、


ぼくがこうーそば.jpg
そばを食べている時は、


牛スジ煮込み丼.jpg
牛スジの煮込み丼を食べていたそうな(by長女)。



その晩、ぼくが、


ぼくがこれ2.jpg
富山ブラックを食べていた時、


東京では、次女が作った、


家では1−1.jpg
家では1−2.jpg
スペイン風オムレツ(卵はネットで安全性確認済み)を食べていたそうな。


体が二つ欲しいとはよくいったものだ。



あのUSのサーロイン・ステーキ肉はほんとうに特別だ。


柔らかく、香り高く、そっと脂が乗り、


ああ、うっとり。



オムレツも、パンチェッタの焦げ具合といい、


甲乙付けがたい誘惑度だったな。




ぼくが帰宅後は、ね、


長男主導で、


小布施栗.jpg
小布施栗を、


茹でる!.jpg
茹でる!


剥きまくる!.jpg
剥きまくる!


煮る!.jpg
煮る!


できた!.jpg
できた!


なんだ?


あとで、ね。




「お父さん、ごばんがでぎだばよ」


「いつも、すまないねぇ」



鶏レバー炒め中華風.jpg
鹿児島鶏レバー+富山野菜きのこ炒め中華風(by長女)


二食弁当1.jpg
二食弁当2.jpg
手前味噌汁.jpg
二食弁当(by長女)




デザートは。


できたよ、母ちゃん.jpg
できたよ、母ちゃん!(by長男)


おいしい?.jpg
モンブラン、ね。(ちゃんと頭のてっぺんに「雪」が乗ってるでしょ)


これでもかという、風味豊かな、

スーパーたっぷりの栗ペースト。


牛乳がヤバいかもしれないということで、

使ったのは調製豆乳、

しかも地下水まで調べて選んできている。

頼もしい我が子たち。




こうして我が家は卒業した母ちゃん(妻、ね)とともに、


毎晩夕食を楽しんでいる。




「母ちゃんの味」


は、しっかりと子どもたちに受け継がれていることが、


彼女が卒業して初めて分かった。




ほとんどは上の三人娘たちが作るのだが、


おどろくほど味付けが似ている。



母ちゃん(妻)は、料理によっては、


かなりきわどく塩梅をするのだが、


それさえも、きわどいところまで強気で味付けをしてくる。


しかも一ひねりしていたりするのだから、


これからが楽しみだ(親ばか)。




さて、今晩は、



なにかな?



ごくり。




三女がかなり.jpg
三女が、かなり女将に肉薄中。



nice!(0) 

nice! 0