So-net無料ブログ作成

【3月25日から26日の、ひとりごと】




福島県沖でM5.2 最大震度4という地震があった。


このところの福島の地震としては大きい。


この二つの地震以来だ。


2012年1月23日 20時45分 ごろ 福島県沖 M5.1 最大震度5弱

2012年2月29日 18時00分 ごろ 福島県沖 M5.3 最大震度4





しかし、ぼくが体感している違和感の規模からすると、


まだこれでは小さい。





ところで、一昨晩24日は学生時代の仲間10人が集まり、


飲み、食し、歌い、楽しい一時を過ごした。


帰宅後爆睡。


したはずなのだが、


ほぼ2時間〜2時間半起きに目が覚める始末。



このところの眠りが、とくに悪い。


仕方なしに猫眠を決めこみ、


寝床に横になっていても、スライド感を感じ続ける。


起きて体感をしてみると(寝床の中だと発生はわかっても、方向が分からないので)、


じわりと強いものが東京以東メインに発生、時折、以北(25日の深夜〜未明の話しです)。



25日は夕方16:20も同じ状態だった。



スライド感は東京以東6〜7:以北3〜4


ずっしりと重く速度も遅い。




夕食後、しばし家族と語らうも、


睡眠の悪さのツケか、急に眠くなりふたたび爆睡。




26日明け方4時頃に目覚め、これを書いているが、


冒頭の福島の地震は眠っていたので知らず、検索で知った次第。




起きたとたんに強い耳鳴りが発生している。



体感をしてみると、スライド感はほぼ停止か、と思われるほど発生がない。


でも注意深く体感をするとないのではなく、


「アクセルとブレーキを同時に踏んでいる」


ような感覚が続いており、


その均衡が崩れると、じわり、と動く方向は東京以東そして以北。


ごくまれに北北西への発生もある(めずらしい)。



東京以東は、現在、ぼくの感覚からすると、


かなり歪み貯金が溜まってきているように感じる。


とくにスライド感が発生したとしても重く、速度が遅くなっていることから、


そう感じている。





それに比例するかのように睡眠の悪さ・耳鳴りが強まっていること、


それらを総合すると、やはりここしばらくは要注意かな。




千葉東方沖〜東北沖まで、


そして東京以北内陸にも歪みの蓄積が及んでいる可能性も。



セルフ防災期間を続けよう。



(あくまで、個人的な「ひとりごと」なので、防災のご参考程度にお受け取りください)



06:28追伸:房総沖に未知の長大な2活断層 長さ160と300キロ - 47NEWS



nice!(0) 

nice! 0