So-net無料ブログ作成

4月11日の、ひとりごと。



このところ、大きな発震がない。


とてもありがたい。


同様に、違和感もやや穏やか(?)な日々が続いていたのは、


先のブログでも記したとおりだけど、


その違和感にまた、やや変化がある。


ぼくが感じる体感に「スライド感」という(初めての方は、こちらをご参照ください)、

脱力をしていて直立していると、

頭が「すっと」横に持って行かれるような体感があるのだけど、

このスライド感、今まではしつこいまでに

「東京以東・以北」

だった。



でも、昨日の夕方あたりからそれが、

「東京以西・以北」

へと変わっている。




この変化が続くとすると、

東京以西内陸での発震が多くなる傾向がある。



近いところでは富士山周辺、そして長野県、新潟、北陸まで、

遠ければ四国・中国・九州まで、

つまりフィリピンプレートに関連した中央構造線沿いの発震。



すぐに東海・東南海・南海という体感では、ない。

これが続くとすると、そこそこの発震、

あるいは火山活動につながる気がする。



ただし、今までの体感からすると、「なぜいま、西へ?」と思う。



今までの違和感の総和を考えると、

千葉県東方沖〜以北での、見合った発震が起きていないと思うからだ。

前にも書いたが、どうも「つっかえ棒」のようなものが作用していて、

地震が起きそうで起きない状況があって、

「仕方なく西へ歪みを貯めている」

のだとすると、ちょっと気になる。




これまでの違和感と比べて、

昨日そして今朝は発生する方向が違うということを、

一応、「ひとりごと」としておこう。



nice!(0) 

nice! 0