So-net無料ブログ作成

4月20日の、ひとりごと。


3.11以後、ずっと違和感を感じ続けてきたぼくが、


「鬼の居ぬ間の洗濯」


などと書くくらい、


不思議な静寂のようななんともいえない静けさが続いている。



とくにここ数日は、そうだった。




昨日も今日も、違和感(スライド感)は東京以東・以北に発生しているし、

まったく発震がないというのでもない。

そこそこの発震は続いているし、そのほとんどは東京以東・以北だ。


福島県沖ではM5.1、最大震度4があった。


違和感の方向としては合っている。


でも、なんか、どこかがいままでと違う。


そうとしかいえないのだけど。



大きな発震の前の「静けさ」なのか、

3.11以後のとりあえずのピークが過ぎたのか、

あるいはなにか新しい変動に移行中なのか、

それはわからないが、なにかが違う。



それは家族の体調、行動などにも現れている。


一つは異常な睡眠障害。

眠れない人間と、異常に眠い人間が出た。

また睡眠時間が異常に長かったり。


一つは軽い鬱のような症状で、

これは大きな地震の前によく現れ、発震後は嘘のように消える。

これが数人に一時に出た。


一つは、今日はひとりが貧血のような状態で倒れた。

すぐに立ち直ったので心配には及ばないが、

これも大きな地殻変動の前に我が家では時々現れる傾向がある。


一つは、いままでに一度も尋ねてきたことがない息子から、

「今、揺れた?」「今日、揺れが多くない?」

と2度、外出先からメールが来た(一昨日)。

帰宅後、体調がすぐれないようで早々に就寝した。

今日も、異常に眠いと、もう就寝してしまった。



まぁ、なんでも地震に結びつけるよなぁ、非科学的だよなぁ、

といわれそうな事柄ばかりだが、

そうなんだから仕方がない。


静かな傾向というのが、

「日溜まりの中でぽかぽか、ああ、平和だなぁ」

というのとは違う。



3.11以後の地殻変動が、収束に向かうということは考えにくいので(ぼくは、ね)、

なにかしらの変化の前兆と位置付けておこうと思っている。



現在も違和感は東京以東・以北。

東京以西・以南へは発生していない。

よって、千葉県東方沖〜茨城県沖〜以北(内陸含む)での発震が続くのだろう。



この、なんともいえない違和感、もし海外だったら大型なのかもしれないが、

国内での被害地震の体感はない。



nice!(0) 

nice! 0