So-net無料ブログ作成

蕎麦米菜食のむずかしさ? それとも地震?



この一ヶ月、ずっと調子良く続けてきた蕎麦米菜食。


今もけっして調子が悪いわけではないんだけど。




でも、ここ2〜3日、

身体の「芯」のエネルギーが「ちょっと足りない感」がある。



ふ〜む。





4月27日に「正式」にスタートした蕎麦米菜食

今日に至るまで蕎麦米を食べ、玄米、白米はほぼ口にせず。



調子はずっと良かったのだが、ほんとここ数日のことだけど、

なにか身体の「エネルギー貯金」がなくなったみたいな感じ。

お金がなくなると、数円でも足りないとわかっちゃう感じとも。



自転車でトレーニングする、いつもの多摩サイのコースはいっしょ。

距離もいっしょ。

平均速度もいっしょ。



なんか、力が入らないんだな。

でも、ハンガーノックとは、ちがう。

ハンガーノックだったら、ほんとに愕然とするくらい力が出なくなっちゃうからね。

それが証拠に、ペダルを踏み込むとそれなりに速度は上がるし、

向かい風でも、登り坂でも、だいじょうぶなんだな。



う〜ん、うまくいえないなぁ、

いったん、身体の中を取り替えちゃったっていう感じなのかな。

「リセット」とも?




28年ほど前に八ヶ岳で自然農法をやってたときにも玄米菜食をしていたけど、

そのときは、一度もこのような感覚はなかったんだよなぁ。

むしろ、力が漲る感があったんだよなぁ。



だからいま、その理由を探っているとこ。



農作業を一日中やっていても疲れなかった、とはいっても、

ロードバイクで多摩サイを体力を追い込んで60km走ってくるのとでは、

エネルギーの消費の仕方は違うだろうし、

使う栄養素もちがうのかもしれない。



あるいは、玄米の栄養素と、蕎麦米の栄養素のちがいというのもあるかもしれない。


蕎麦米が影響してるんじゃないかもしれない。


完全な禁糖が影響してるのかもしれないし。


・・・・・、



あ、加齢かな。




当時は30才そこそこ、

現在はそろそろ赤いちゃんちゃんこだから、

ちがって当たり前といえば、そうなんだけど。



と、ここまで書いて保存していたら、

東京からほど近いところで地震があった。


06月01日 気象庁発表 17時48分頃茨城県南部 M5.2 最大震度4


ひとりごとで書いているとおり、ぼくの身体は大地の変動には強く反応するタチだから、

もしかしたら地震の影響もあるのかもしれない(ほんと、あくまで個人的に、ね)。

ずっと大きな地殻変動は続いているようだから。



いずれにしても、もうしばらく続けてみて、

また次のことを考えよう。



しかし、食べ物で身体が変化するのを体感するのは、じつにおもしろいんだよ。


玄米菜食を開始したのは4月18日だったから、


それを入れると今日で47日目、あっという間だ。


体重5kg減、100g/日ってことなんだ、ふ〜ん。





体年齢38才キープ中。


血圧、絶好調中。


禁肉、禁糖、禁酒中。



nice!(0) 

nice! 0