So-net無料ブログ作成

6月4日の。



あまりうれしくない違和感が続いている。


巨大地震、という感覚はないけど。



ん〜、なんというか。


「スライド感」という違和感、これはぼくにとって一番感じやすい違和感だ。

(スライド感については、ここをごらんくださいね



しかし、先日東京も揺れた

6月1日 17時48分ごろ 茨城県南部 M5.2 D50km 最大震度4

以後、なにかスライド感に変化がある。



それは前にも記したことがあったかと思うが、

千葉〜茨城〜福島太平洋沿岸〜沖あたりで発生しそうな地震が、

なんらかの「つっかえ棒」のようなものが働いて発生せず、

その分、歪みが内陸にかかってくる・・・、

そういうような体感としかいえないんだけど、

そういうものがある。


なにかが「引っかかっている」ような。



それで、内陸で以下のような発震が起きているような気がする。


6月4日1時44分ころ 群馬県北部 M4.1 最大震度1

6月4日10時20分ごろ 栃木県北部 M2.2 最大震度1



ま、素人のひとりごとです。



現在のスライド感は、基本的には東京以東・以北に戻っている。

つまりぼくの中では、これが今の「メインストリーム」という位置付け。

ずっと長いこと続いている割に、それに見合うような発震がまだないと感じている。


しかしこのスライド感、現在どこかギクシャクしながらの発生。

やはり「つっかえ棒」効果というか、

専門用語では「アスペリティ」というらしいが、

なにか引っかかり引っかかり発生しているような感覚が続いている。

ということは、内陸に歪みが蓄積される。



先の「ひとりごと」では、一時的に東京以西へ発生か、と記したが、

現在はそれはなくなり、一方、

東京以南への発生がある。

この以南というのは、2000年三宅島活動時に多発した体感で、

これを感じ、持続すると、伊豆諸島〜小笠原諸島あたりの活動の可能性がある。




ぼくをはじめとして、家族の睡眠障害が強まっている。


うちの「地震ねこ」たちの挙動も、ここ数日、おかしい。




そこそこつまり、M5~6、最大震度5(強?)くらいまでの発震は、

あっても不思議じゃない体感が続いている。



最初にも記したように、巨大地震に対応する違和感というのは、ない。


でも、常に防災意識だけは持っていようと思う。




nice!(0) 

nice! 0