So-net無料ブログ作成
検索選択

サドルの上から平和を、祈った。 [サドルノ上カラ平和ヲ]

前日までは天気予報は晴れマークだったのに。



どさっと降ったり晴れたりと不順な天気だったけど、

今は晴れている。

持てばいいな・・・。


おや、ボトルが2本.jpg
今日の出で立ち。



なにせ、今日は官邸前〜国会議事堂で「 #サドルノ上カラ平和ヲ」という、

食糧無補給で祈り続けるという、一人イベントをやるのだ。



だから、ボトルは2本、

それから万が一のときのために口にいれる補給食、

それから深夜はこの調子だと涼しいというよりは、

たぶん寒いからウインドブレーカー、

もちろん工具、予備チューブ2本、ポンプ。



おし、金曜日の官邸前へ、GO!



水分購入.jpg
官邸そばの自販機で水分を購入して、ね。



チャリデモ隊に、合流。


自転車隊1.jpg
今日の自転車隊の前半分。


自転車隊2.jpg
後ろ半分。


このほか、中野から参加のまさに「ママチャリ部隊」十数人がおられたので、

総勢40台、いやもっといたのかな、

けっこう長いトレインが作れた。



お!


高校生たちがたくさんいた!.jpg
高校生たちがたくさんいるではないか。


うちの娘も、先日でもデビューしたけど、

若い世代が一緒に参加してくれるというのは、ほんとうにうれしい。



ヤッシー(田中康夫)さんから白い風船をもらったり、

歩道側の参加者のみなさんと手を振り合ったり、声をかけ合ったり、

補給地点ではボランティアの方々が補給食を配っておられたり(ぼくはいただかなかったけど)、

炎のドラム隊を聴いたり、

あっという間に時間が過ぎて行き、20時に。



ここからは、ぼくはソロ走行に。


そう、20時からはサドルの上から平和を祈るからだ。



START.jpg
START!


数周していると、Nさん、@websaito_jp さんが参加して並走してくれた。

うれしい、たのもしい。



しばらく周回を重ね、@web_saitoさんが帰宅のため離脱、

そのかわりに @bikes_not_nukesさんが参加してくれた。


Nさん、コウさん.jpg
左@bikes_not_nukesさん、右Nさん。


彼らも帰宅のため離脱すると、今度は @nobdylan2001 さんが参加してくれた。


彼は会社の会議さえサドルの上でやりたいというほどの「サドルの上マニア」だから、

おたがい話しがはずんだ、楽しいぞ。



その彼も帰宅のため離脱し、

いよいよ単独走の開始。




それまでパラパラ程度だった小雨も、やがて本降りに。


昨日の天気予報だと晴れマークだったんだよぅ。



体を濡らしてしまうと体力が激減するのは信州までの自転車ツアーで体験済み。

近くにコンビニがあるのを思い出し、簡易レインコートをげっと。

これがことのほか身体に合い、快適に周回を重ねることができた。



地下鉄永田町駅の交差点で赤信号で止まっていると、

大声で呼び止められドキッとする。

だって、深夜1時を回ってる。



ああ、おやまぁ、なんと、@tontsu_yakiniku さんだ!


身体を冷やさないように、水分補給のためにと、

ホット・ミルクティーを持ってきてくれた、感謝だ。

ついでにぼくも走りながら祈ります、と。

うれしいなぁ。


とんつうさんの激引き.jpg
とんつうさんの激走。


彼は明日も仕事なので、帰宅。



そして、ふたたび、ぼくは単独走へ。



ペダルを踏み、祈った。


ぼくは宮城東松島・石巻にご縁があったので、

亡くなった方々の鎮魂の祈りを。

そして、その他の地域の皆さんすべてのなくなられた方々の鎮魂。


なにかスイッチが入ったように、外からの音が聞こえなくなり、

こころがなにかに触れたような感覚があった。

つながったのかな。


そうしたら、なにか「腑に落ちる」というか、

得心がゆく心持ちになる自分がいた。


よかった。

これをしたかったんだ。



無心に走っていると、あることに気付いた。



信号停止していなかったのだ。

いやいや、信号無視じゃないよ。

国会議事堂一周の、どの交差点も青信号で通過できていたのだ。


それまではしょっちゅう引っかかっていたのに。

偶然なのか試してみるが何回やっても青信号で通過できる。


それは平均速度で決まることが分かった。

たぶん、平均27km/hくらいで走行しているとその状況が出現する。


それを見つけてからは面白くて、

何周もノンストップの快感を味わっていた。



周回を重ねていると、

国会議事堂正門参議院側に止まっている一台の車が目に入った。


もう2時を回っている。

ここらへんに停車している自動車といったらタクシーが仮眠のため停まっているくらいだ。



なんだろうなぁ、と思いながらその車の横を通り過ぎると、

なんかちょっと大きな声がしたような気がした。



ぼくは「ノンストップ走行状態」を味わっていたところだったので、

そのまま走り続けたが、バックミラーを見ると、

なんと、その車がぼくを追走してくるような気配。


これって、やばいのか?


ま、でもなにかあっても近くにおまわりさんいるし。


そのまま走り続けていると、


「黒森庵さん!」


「!?」


「@amatotoです」


おおぅ、チャリデモ隊でいっしょに走っていたあまととさん!

ブルベの鬼の、あまととさん。

千葉から自走で官邸前に駆けつけ、2時間走った後、

ブルベで完走してしまう、あまととさん。


amatotoさんとおくさま.jpg
あまととさんと、おくさま。


2時過ぎなのに、ありがたいなぁ、うれしいなぁ。


数周、並走していただき、彼らは帰路に。


再び単独走。


午前3時くらいかな、雨足が強い。

なんだか止みそうな気配がないな、これ。

でもまだ走りたい。



ここまで水分以外、まったく無補給。

でも空腹感ゼロ。

ハンガーノック感、ゼロ。

踏めばまだまだ加速できる。

どうなっちゃってるの、これ?


しかしいかんせん雨が本降り。


考えた。


体力的にはまだまだ走れるけど、

最初だし、無理しなくてもまたやればいいし、

それならどこかで区切りとしよう。



国会議事堂一周路というのは、およそ1.3km。

ぼくのメーターでは走行距離は120kmを越えている。

ということは、130kmを越せば、国会議事堂100周したということになる。



お百度を踏む、という言葉があるじゃないか。

いっしょじゃないけど。



今回は100周回でゴールということにして、

残りを全力で走りきろう、祈りきろう。



そう、最後の周回は、

ずっと国会のことを祈った。



空転しないで、ねじれないで、

野党欠席の中で単独強行採決なんてしないで、

ほんとうに国民のための法案を決める国会になってください。



ひとびとが、こころから安心して、幸せに人生を味わえる、

そういう法案を議決してください。



そしてその結果、ひとびとが本来もっている才能を生かし、国が豊かになれば、

それは世界中のモデルケースになるでしょう。



そうあってほしい、と、最後の周回数を祈り続けた。



GOAL2.jpg
GOAL!



無補給で100周、11時間、できました。


ゴールしたとたんに、虚脱した。


虚脱したとたんに、国会中の秋の虫の音が、カラスの鳴き声も耳に飛び込んできた。



自然に触れている。



金曜日の抗議行動のときとはまったく違う、いまの国会議事堂。



ごきぶり.jpg
ごきぶりだっているんだよ。




同じ地球に生きていながら、


ぼくたちは法律によって守られたり、あるいはがんじがらめになって生きている。


でも、虫も、カラスも、動物も、法律とは無縁に生き続けている。


どちらが良い・悪いなんてことはいわないが、


ぼくは、自然に生きたいなぁ。




そんなこんなで官邸前抗議行動に始まり盛り沢山の、

「サドルノ上カラ平和ヲ」

は、無事に終わることができました。



次回はいつか分かりませんが、またやりたいな。



みなさん、応援をありがとうございました。



13296km.jpg
132.96km



PS1:国会を自転車で100周したひとって、いるのかな。

PS2:向き・不向きというのもあるだろうから、もし無補給をやってみようと思っても、よくご自分の身体と相談してくださいね。ぼくはおもしろかったけど。体調によっては重大な事故にもつながりかねないと思うので。


nice!(1) 

nice! 1