So-net無料ブログ作成
検索選択

経団連、東電、アメリカ大使館、官邸前・国会で、祈った。 [サドルノ上カラ平和ヲ]


急にまた祈りたくなった。



とにかく長時間自転車の上から祈るということを、先週、やった。



それはぼくにとって素晴しい体験だった。

そして現地で、あるいはツイッターを通して、

たくさんの方が一緒に祈ってくれた。



ほぼ半日、ずっと自転車のサドルの上にいたし、

なにも食べずに祈り続けたわけだし、

雨にも降られたし・・・・・、



でもまた走りたくなってしまった。



お、もう2時を回っちゃった、行こう。



経団連1.jpg
経団連前で、祈る。



涼しいというか、寒いくらいだ。

猛烈な風、しかもビル風。

横風だったりすると自転車もろとも飛ばされそうになる。



まいったな、今すでにこの寒さだったら深夜はどうなっちゃうかな。

いやぁ、誤算だった(後で知ったけど、台風だったんですね)。



経団連のあとに、すぐ東電本店に行きたかったのだけど、寒い!

上野に自転車のプロショップがあるので、

そこでアーム・ウォーマー、ニー・ウォーマーを買おう。

それなら秋葉原ラジオ会館前で、ACTAのためにも祈ろう。



上野のショップに着き、店に入ろうとしたまさにその時、

身軽にしようと思い、小銭入れしか持ってきていないのを思い出した。

買えないよぅ、さらなる誤算。



いいや、もう。

風邪を引いたら引いただ、けせらせら。

気を取り直して、


秋葉原.jpg
ラジオ会館前で、祈った。



帰路、横目に入った、


まつや.jpg
神田まつやさん。


今日は無補給だから、おあずけ。



東電着。


機動隊も、警察車両もいるし、歩道も狭いので、

なかなか写真を撮るアングルがない。


東電1.jpg
東電本店前で、祈った。


次は、アメリカ大使館で祈ろう。


アメリカ大使館1.jpg
アメリカ大使館の警備も厳重。

ここも近くで写真を撮るようなところがない。

世界のすべてのひとびとが平和であるように、祈った。



官邸前を一周して、


国会1.jpg
国会議事堂前で、愛を祈る。



皇居で、

皇居1.jpg
世界の平安を祈った。


経産省テント村.jpg
経産省前テント村。

みなさんとお話ししたかったけど、

今日のスケジュールはタイトなので、心の中でみなさんと祈った。



アメリカ大使館2.jpg
アメリカ大使館前17:25、祈る。


国会夕焼け.jpg
すごい国会前の夕焼け17:39、祈る。


いたるところ、電気.jpg
いたるところ、電気だなぁ日比谷、祈る。



経団連1802.jpg
経団連前18:02、祈る。


経団連1849.jpg
経団連前18:49、祈る。


経団連1945.jpg
経団連前19:45、祈る。


ところで往復の度に気になっていた、

この噴水はなんだ?


環境省庭園.jpg
環境省庭園2.jpg
環境省庭園3.jpg
環境省!


なんだかなぁ、

電気がないない、って、こんなに使って・・・、

所々にあるベンチは、スイートなカップルで満席・・・、

そのためにこれだけの環境・・・、省・・・、



いやいや、今日は「抗議」の日じゃない、

「祈り」の一日なのだ。



何回目の東電での祈りだったか忘れてしまったその時、


@u_wind_ さん.jpg
@u_wind_ さんが、待っていてくれた。


「いっしょに、祈りましょう」


彼の鬼引きの(高い平均速度でぼくを引っぱってくれる)おかげで、

数周回はあっという間。


経団連2119.jpg
経団連21:19


いつもぼくは単独走なので写真がないのを思い出し、


記念写真2119.jpg
彼に撮ってもらった、貴重な一枚。


経団連2314.jpg
経団連前23:14、10回目達成。


その後、東電、アメリカ大使館もそれぞれ10回行き、祈った。



無補給なんだけど、まだまだ走れそう。

最後に官邸前でも、祈ろう。



そう思って国会議事堂を周回し出したのだけど、

とにかく風が強い、雨もパラパラ。

ぼくの自転車のホイールは横風に実に弱い。

今日走り出してからずっと集中して走っているのだけど、

横から煽られるような風が吹くときはほんとうにひやっとする。


ここで無理をして事故などを起こしたくない。


経団連、東電本店前、アメリカ大使館前3カ所でそれぞれ10回ずつ祈ったから、

国会議事堂も10周回で、ということに決めた。

まだまだ体力は残っていたんだけど。



国会0020.jpg
GOAL! 01:03 国会議事堂前。




今日はほぼ11時間、サドルの上から祈り続けた。



ぼくは祈ることをするにあたって、ふたつのことを自分に課した。

それは、


1)長時間、長距離を走行すること。

2)無補給。



理由は、

今回の未曾有の災害、そして原発事故から見えてきた出来事は、

簡単な祈りのレベルでは、ぼくのこころが許さない気がしたこと。

荒行・苦行、それにはほど遠いかもしれないが、

自分にたいしてそれなりの負荷をかけた状態から生まれる祈りが必要だと感じた。

それが、長時間・長距離・無補給だった。



でも、じっさいにやってみて、それはほんとうによかったと感じた。


お腹がからっぽになってゆくに従って、頭は冴えてゆき、

でも一方では常にペダルを踏みクランクを廻しているので、

いつのまにか「無心」の状態になってゆき、

なにかとつながるような感覚が、ふっ、ふっ、と訪れる感じがする。


それはマニ車を回しているような感覚なのか、

集中と無心が交互に襲ってくるその感覚がとてもすきだ。



今回、前回、ともにツイッターを介していろいろな方々とともに祈ることができたし、

暖かい応援もいただいた。


ほんとうにみなさんに感謝しています。


祈りは、ほんとうにすばらしい。


みなさんも、


みなさんはみなさんのやりかたで祈られると、


きっと、とてもいいと思います。



13379.jpg
133.79km


これは、経団連→東電本店前→アメリカ大使館の周回では、

何度も何度も信号で停止するので、

それがなければもっと距離は伸びたと思います。

あ、それと、昨日は猛烈な向かい風があったので、

それもなければなぁ。


200km走ってみたい、無補給で。






nice!(0) 

nice! 0