So-net無料ブログ作成
検索選択

誕生日は、いいもんだね。



我が家は4月だけで小リスたち半数の誕生日がある。



だから父リスとしては、

3月からは頭の中はプレゼントのことでいっぱいいっぱい。



ところが今年、末子リス、

なにを思ったか、

「おとうさん、今年はプレゼントいらないから、

お父さんが作るケーキが食べたい」




なんか、菓子作りは遠巻きに見てたんだよなぁ。

なんか、たいへんそうだし。

ええっ、まじ?


仕方ない。

プレゼントと交換してもいいくらい、

おれのケーキが食べたいってか。



でもなぁ、なんか、なぁ、

ぼくのきわめて研ぎ澄まされた「動物的直感」てやつが、受け付けないんだよなぁ。



そう、でも、プレゼントと交換なら、

プレゼント探す手間は省けるとすれば、

悪い話しじゃない・・・か・・・?



やってみよう・・・、


GO!



寝起きですが、これから始めます!.jpg
寝起きですが、黒森庵3分クッキングのお時間です! 


まずは卵の黄身と白身を分けます。


ここで大事なのは、けっして黄身をこわさない、

白身にちょっとでも黄身が入るとメレンゲの泡が立ちませんから、

細心の注意を払ってください。




さっそく失敗です。.jpg
さっそく失敗です。


・・・、


すくって、すくって。.jpg
なんとか、掬います。


掬い終わったら、


さ、次です、次は、



砂糖なんか量っちゃったりして。.jpg
砂糖の量をまじめに量ります。



かき混ぜちゃったりして。.jpg
ごしゃごしゃと、かき混ぜちゃったりします。


適当なところで、



オイルをたらたらしたりして。.jpg
オイルをたらたらしたりして、



さらにかき混ぜちゃって。.jpg
水も投入しちゃって、さらにかき混ぜちゃったりして、



さらに適当なところで、


粉を混ぜ合わせちゃったりして。.jpg
粉を混ぜ合わせちゃったりして、



はぁはぁ、と息つく間もなく、



今度はメレンゲだ。.jpg
今度はメレンゲです。



再び、が〜っ、と泡立てたところで、


メレンゲと生地を合わせてと。.jpg
メレンゲと生地を合わせて、



が〜っ、とね。.jpg
が〜っ、と、じゃなく、そこそこ、ね。




いよいよ型に入れる!.jpg
いよいよ型に入れます、緊張っ。


ちょうど良い温度に過熱されてるオーヴンに、



オーヴンに入れる!.jpg
入れます!



待つこと、まぁ、だいたい50分弱でいいや。


膨らんでる、膨らんでる!.jpg
膨らんでる、膨らんでる!



竹串を刺してみて、桶!.jpg
串を刺してみて、桶!



焼けた! どや.jpg
焼けた!(どや顔ですね)



型から出して、二段に切って。.jpg
型から出して、二段に切って。



生クリーム。.jpg
生クリームを泡立てます。


生地・メレンゲを通過してきた人間にとっちゃ、

生クリーム作りは赤子の手を捻るようなもんですわ(したことはありません)。



カメラ目線の余裕も。.jpg
カメラ目線の余裕も出てきたようです。



一段目完了。.jpg
一段目完了。



二段目乗せて。.jpg
二段目乗せて。



ぬりぬり、激写中.jpg
生クリーム塗って。.jpg
さらに壁面にも生クリーム塗って。



デコレーション、デコレーション!.jpg
先生に見守られながら最後の飾り付け。



とのアリでは長女小リスが同時進行で。.jpg
となりでは長女小リスが同時進行で料理製作中。



三女小リスは配膳その他をサポート。.jpg
三女小リスは配膳その他をサポート。



いいね、いいね、この連帯。



ケーキ完成!.jpg
ケーキ完成!



ふぃ〜。.jpg
ふぃ〜。



おし、お誕生日ディナーだ!



完全ヴェジ・ロコモコプレート.jpg
完全ヴェジ・豆腐バーグ・プレート。

横にはウスパナック・イエメイ(トルコ料理)、三女の糠漬け新香、



コーンポタージュ+自家製天然酵母クルトン.jpg
コーンポタージュ+自家製天然酵母クルトン、


べつにヴェジをやっていない小リスたち(ぼく含む)用には、


洋風焼き鳥.jpg
次女の洋風焼き鳥も。



巣ごもり(?)サラダ。.jpg
これも次女の巣ごもり(?)サラダ。



ぱくぱく、もぐもぐ、

ああ、おいしいね、

ごちそうさまでした!



それでは、バースデーケーキの登場ですっ!



よろこんでくれたようだ。.jpg
喜んでくれたようだ! (バック演奏もするぼく、だ)




シフォン二段.jpg
シフォン二段は最初からのアイディアだったのだが、

耐加重的に計算値に問題があったか(計算なんかしてないくせに)。



ともあれ、初心者としては形態的にも味的にも満足のゆくものであった、

むはは。




よろこぶ末子リス.jpg
しずみんからのプレゼントに喜ぶ小リス♡


しずみんから.jpg


しずみん、ありがとう。




次のプレゼントは?



こんどは?.jpg
なにがでっるかな、なにがでっるかな?


ワンピだ!.jpg
ワンピだ!



さて、つぎは?



あ、これ、なんでもないから。.jpg
あ、これ、なんでもないから。



みちゃだめだし。.jpg
見ちゃだめだし。



見つかっちゃった!.jpg
見つかった。




末子リスは、ずっとピアノを弾いてみたいといっていた。


ここ何年間というもの、

妻は病気をして、しかも他界しちゃうし、

311はあったし、原発はメルトスルーしちゃうし、

いろんなことがてんこもりだったから、

彼女の希望を叶えてあげることはなかなかできなかった。


でも、このままだといつまでも叶わないんじゃないかと思って、

上のお姉ちゃん・お兄ちゃん小リスたちと相談して、

みんなでプレゼントすることにした。



やったね!.jpg
やったね!



すぐに長女小リスが面白い動画を見つけてきた。



How to Play "Let It Be" by The Beatles on Piano with Synthesia & HD Piano (Part 1)



おもしろい時代だな。



ぼくは幼稚園時代だったか小学校一年頃だったか、

一度ピアノを学ばされた。


それがいやでいやでたまらなかったのを、

今でも昨日のことのように思い出せる。


椅子の座り方からはじまり、

腕の伸ばし具合を注意され、

背筋は伸ばされ、

手は「卵をつかむように」とかいろいろ指図され、

やっと音符の読み方・・・、音を出させてくれたと思ったら、

なんともつまらないドソミソドソミソ・・・。



それを悪いとはいわないし、

そうやって実力をつける方法はあると思う。



今はこんなゲーム感覚で楽しみながらピアノを学べる。

これはこれでありだと思う。

時代は常に変化してるね。




ところで、今日のシフォンケーキ、

レシピは宮崎駿さんの二馬力で秘書をやっておられた篠原さんからいただいた。


篠原さんレシピ.jpg
篠原さんレシピ2.jpg


篠原さん、あなたのおかげで今日、

ぼくは菓子作りデビューに成功し、

小リスたちは大喜びでした。

ありがとうございます、ぺこり。





おめでとう!.jpg
おめでとう!



nice!(0) 

nice! 0