So-net無料ブログ作成
検索選択

母と、呑む。 [こころのなかの、こんくらい]



くぅ〜たまらん。


つい先日まで元気だった母が

彼方(あっち)へ行っちゃったよ。



いつか来るとは覚悟してたつもりだけど、

こうもあっという間に行くというのは、

さすがに考えてなかったな。



ま、旅立ちたかったんだから仕方ない。


呑もう。


父は一滴も飲めない人だったが、

母はなんつたって強い、そしてビール党だ。



日本酒は甘くて、きらい。

ウイスキーは金臭くて、きらい。

ブランデーもウイスキーみたいで、きらい。

焼酎は芋くさくて、きらい。

ワインは白とか赤とかシャンパンとか、

いろいろあってよくわかんないし。


でもビールはなんつたって臭くないし、

清々しいし、

しゅわしゅわしてるし、大好き〜。

(母をチャネリングしてます)



おお、長女子リスが鳥レバー竜田揚げを作ってくれた、



RIMG0693 (1).jpg
うす、乾杯!



母はビールを飲みだしたらいくらでもいける。

大瓶6本くらいは、軽い、軽い。

潰れるのを見たことがない。



ぼくは呑めることは呑めるが、母の足元にも及ばない。

今晩(11月17日)は母とサシだったが、

500ml缶ビール3本でかんべんしてもらった。





母は12年間、介護施設に入居していた。

本人が望んだことだが、

その発端は背骨の圧迫骨折だった。

母は背骨を6箇所圧迫骨折し、

病院へ入院したのだが手術はできず、

自然治癒というか、

容態の安定を待つしかなかった。



一応安定はしたものの、

またいつ再発するかもわからず、

一人での生活はもはや望めず、

だれかの介護がなければ自立は無理だった。



我が家は当時7人家族。

みんながそれぞれ学校へ行き、

日々のスケジュールは忙しく、

さらに黒森庵を開業したところ繁盛し、

超忙しくなってしまい、

母を受け入れる余裕はなかった。



ならば彼女にとっての

安定した生きる場所を見つけなければならない。



ぼくはあちこちの施設を探した結果、ひとつだけ、

とてもスタッフの皆さんが明るく働いている施設が気になった。



そこが「くらら調布」という介護施設だった。


母にその話をすると大変喜んでくれ、即決だった。



その施設に12年。

その間、くらら調布は常に明るく、

みなさんたいへん母を気遣って接してくださり、

母は満足した生活を送れた。



だから母の晩年は施設生活だったのだが、

素晴らしい方々に見守られて安心して生きることができ、

とても本人も喜んでいた。



でも。

きっと、心のどこかでは

一人っ子の息子と、

一日でも二日でも、

べったりと、

なんでもない時間を過ごしたかった、

そういう気持ちはあったと思う。


ぼくがそうしたかったのだから。



でも、なにもかもが、母のこの世の卒業で吹き飛んだ。



今日からは、いつもいっしょだ。


いつも、呑める(そこかよ)。



今日(11月18日)は、

吉祥寺に行った帰りにたこ焼きを買った。

駅前のスーパーには

「初摘みホップヌーヴォー」

などという、くらっとくるようなビール。



母よ、今日はこれでいこうぜ。


RIMG0695.jpg
かんぱいだ! (向かって左が母です。右は母の母、ぼくのおばあちゃん)


久しぶりだね、おいしいね、

おっとっとっと、泡がね、

ぷはっ。



ちょっと小腹がすいてきたね、かあちゃん、

ちょっと待っててね。



北海道ビーフ(赤身)を包丁でひき肉にし、

100%ビーフのハンバーグステーキ。

ソースは醤油好きのかあちゃんに山葵をおろしたよ。


それから軽井沢の浅間モーターロッジで初めて食べた、

A1ステーキソースだよ。



RIMG0697.jpg
うまいね、かあちゃん。



そんなこんなで、

やっといっしょに晩酌ができた。

あまりにおいしくて、

飲み過ぎに注意しなきゃな。



とうちゃんとかあちゃんには、

この曲を送ろう。



いっしょに、らゔらゔで聴いてくれ。



Love Me Tender by BB King


お幸せに、ね!



nice!(0) 

nice! 0