So-net無料ブログ作成

ハレの日に。


妻がこの世の卒業したのは4年半前。

齢59歳だった。

若いよなぁ。



黒い森の小リスたちにとって、

とくに末子リスはまだ16歳だったから、

母の卒業はつらかっただろうと思う。

もっといっしょにいたかっただろう。


最愛の母とのしばしの別れ。

自分のこころの整理もつかない時に、

四十九日だからという理由などで

納骨はできなかった。



家族みんなもそうだったと思う。

ぼくだってそうだった。


世の中には「しきたり」があるのは分かっているが、

でもこころにも主張がある。



ぼくは小リスたちのこころが自然に

落ち着くところに落ち着くまで待った。



去年の11月、私の母もこの世を卒業した。

妻と違い、こちらは齢100歳の大往生だし、

父は1975年に卒業していて

約40年会えなかったのだから、

早くいっしょのお墓に入りたいかもしれない。



ある日のこと。

末子リスが

「もう、だいじょうぶだと思う」

という。


それならば、ぼくの母の納骨と合わせて、と、

家族会議をして日にちを決めた。



3月3日、それはぼくと妻の結婚記念日。

巷では桃の節句。

めでたい、明るい、忘れない。


全員一致で、その日に決定。

母は異論はあるまい、父といっしょになれるのだから。



RIMG0189.jpg
お母さん、おばあちゃん、納骨ですよ〜♪

ふっ切れた、清々しさが漂う。



RIMG0219 (1).jpg
みんなでお墓を掃除して。



DSC_4277.jpg
さすり、さすり、すり、すり。



RIMG0192 (1).jpg
おかーさんには、おされなお菓子、ね!


RIMG0195 (1).jpg
おばーちゃんには、大好きなチョコと、

草加屋のおせんべと、ぷは、ね!


大介じーちゃんには(会ったことないけど)、


RIMG0194 (1).jpg
大好きな甘納豆と芋羊羹の代わりにお芋のお菓子、ね!



RIMG0205.jpg
黒い森リス家族、みんな、笑顔。


RIMG0212 (2).jpg
無事、納骨できました。



母方のお墓にも、報告に。


RIMG0237 (2).jpg
らゔらゔ。



ぼくは、ほんとうは、こう思っている。



地球から育った食べ物で育った身体なんだから、

卒業する時には地球に返すのがいいなと。

だからぼくは地球に戻りたい。



妻とは生前に

「お互い死んだら散骨にしたいね」

と話し合っていた。


妻が先に卒業しちゃったけど、

今度ぼくが卒業したら、

妻といっしょに散骨してほしいと

子リスたちには話してあるから、

それまでの間は、このお墓にいてもらって、

そのあとは、いっしょに地球に戻ろう。

そうすれば、ぼくのこどもたち、

孫たちにとっては(まだいないけど)

地球がお墓になる。

どこにいてもお参りができる。

それが、ぼくら夫婦の理想です。



そうそう、


RIMG0224 (1).jpg
お墓を洗っていたら、


RIMG0223 (1).jpg
虹が写っていました。


喜んでくれたのかな。



nice!(0) 

nice! 0