So-net無料ブログ作成
検索選択

オファー。 [超夢]

いつだったか日にちは忘れちゃったけど、

数日前に見た夢は、こんなだった。




ぼくはどうやらどこかの国の

有名な(超有名?)俳優。



超忙しい身なんだけど

急な仕事が舞い込んできた。



超大手からのオファーだった。



断ることもできるのだけど、

マネージャーが

「やったほうがいい」というので

分厚い契約書にサインをする。


ただし、自分の要求を

ちょっとだけ付け加えておいた。



相手の映画会社はなんだかとても急いでいて、

その場でなんなく契約成立。



その映画は宇宙物で

宇宙船が出てきたり

宇宙服を着たり、

ま、そういうその手の映画だった。



ほとんどのシーンの撮影が終わる頃、

その会社が社会的に(地球的規模で)

とても良からぬことを企てている企業に

多額の出資をしていることがわかり

ぼくはそれを肯定できる内容ではなかったので

降りる決意を会社に伝えた。



ところが会社は契約書があるので

それは許されないと通告してきた。



ところが。



ぼくが契約にサインをした時に加筆した内容というのは、

以下の点だった。


その会社が社会的に問題ある事象を発生させ

ぼくの立場的に不利な内容が発生した場合には

随意に仕事をキャンセルできる。


もしも撮影を継続を希望するならば、

絶対にそのようなことを起こさない、

または企業を応援しないこと。


問題が発生した場合は、再度契約をし直すこと。

再度契約をする場合、

すべて公開の場でサインの交換をすること。
(大手メディア、SNSすべて)



というような内容だった。



超巨額の費用をすでにかけていた

超大作の映画なので、

すべてを一からやり直すということは

誰の目から見ても明らかなぐらい

終盤も終盤での出来事だった。



不可能と踏んだ映画会社は

自分たちの非を認め再契約にのぞんだ。



というところで、目が覚めた。

心臓がどきどきしていた。



なんでこんな夢を見るのか、

まったくさっぱりわからない。



nice!(0) 

nice! 0