So-net無料ブログ作成

今年も、富山に(後編)。



ね、寝坊した!


いや、人と会う時間じゃなくて、

日の出の時刻にね、間に合わない!




と思って、ホテルの窓を見れば、


DSC_3549 (2).jpg
「どや!」

てなかんじで、お日さまが。

おお、おはようございます!



まだ生産者さんとの待ち合わせには時間があるので

朝の街を散策。



DSCN1632.jpg
やっぱり、からすも日の出が好き。



おなかはぜんぜんすいていないけど、

気になるお店を見つけたので、



DSCN1636.jpg
モーニングセット。

ひっさしぶりだな〜、モーニングセットなんて♪


お夫婦でやっていらっしゃるようで、

お尋ねするとなんと、



DSCN1637.jpg
41年続いているという。



コーヒーミルも41歳ドイツ生まれ、

ワッフルメーカーも三代目だけど

やはりドイツ製だという。


トーストじゃなくて

ワッフル食べればよかった。




DSC_3558.jpg
DSC_3556.jpg
ほっこりおいしく、すてきな朝食でした。



例のシクロシティは、どうなってるかな?




すごい。


DSCN1644.jpg
かなりの稼働率!



DSCN1613.jpg
前日の、日曜日。



街のあちこちで、



DSCN1649.jpg
DSCN1643.jpg
利用されていました。



このような


DSCN1625.jpg
DSCN1626.jpg
経年変化による劣化は見受けられるものの、

整備はとても行き届いている印象でした。



DSCN1650.jpg
他のステーションの稼働率も高い。


定着しているんだろうなぁ、

もっとじっくり使ってみたいな。


富山市、いろいろ楽しい。


DSCN1604.jpg
登山用品専門店。


DSCN1655.jpg
DSCN1657.jpg
今度、食べてみようかな。


DSCN1652.jpg
居酒屋さんらしい、今度入ってみようか。



DSCN1654.jpg
富山銀行は、昭和26年築だそうで


DSCN1631.jpg
夜はすてきに、ライトアップされていました。



さ、そろそろミーティングに出発。



うん、雲は多めだけど、晴れていて、



PA310318.jpg
なんつたって、空気が気持ちいい。




PA310323.jpg
到着。


開店前にもかかわらず、待ち人多し。



今回はここでじっくりと意見交換をしました。

無農薬・有機栽培を続けることの大変さ、
(それでももちろん変えるようなことはない)

最近は猪・鹿などの被害が大きくなっていること、

宿題も受け取り、密度濃いお話ができました。





朝ごはんにモーニングセットを食べたけど。



PA310320.jpg
DSCN1659.jpg
香り高い、十割粗碾き蕎麦でした。



PA310322.jpg
打ち場はたいへん清潔です。

ここでは女性が打っています。

おいしかった、ごちそうさまでした。

ここの名物の雉そばも食べたかったけど、

さすがにお腹がいっぱいでした。



さ、帰ろう。



途中のSAにて。


PA310326.jpg
波消しのテトラポットって、



PA310327.jpg
PA310328.jpg
こんなに「チビる(削れる)」んだ。



ふとみると、


DSCN1667.jpg
3時33分だったり。



おお、空が、きれい。



PA310330.jpg
PA310338.jpg
PA310348.jpg
PA310352.jpg


日の入りあたりの雲が厚くて、

ここまででした。

でも、美しかった。



さ、また「追い抜かない走法」で。


PA310355.jpg 
PA310362.jpg
お、またもやきれいな空が。



帰宅!



ほぼ1000km走って、

「追い抜かない走法」で、

区間最省燃費データは14.8km/lでした。

ぼくの感覚では「信じられない」値ですが、

事実は、事実。



この「追い抜かない走法」

とてもおもしろかったです。



とにかく、

ぼく以外の人はみんなぼくより速く走っていることが、

まさにその通りなんだから

「実感」として感じられたことが面白かったです。

まったく同じ道路を走っているのに、

こうも違うのか、と。


ときどき、狂ったように爆走する自動車も

何台か、いました。


ぼくと同じように、

いつまでも「低速」で走る人も二人くらいいました。


走っているととにかくどんな車でも

ぼくを追い越してゆくのですから、

たくさんの自動車を見ることができたのも

自動車好きの男子としては楽しいことでした。




あと一つ、

「追い抜かない走法」でのメリットは、

とにかくロードノイズが小さいので、

音楽が聴きやすいことです。

とくにクラシック。

フォルテシモ・ピアニシモがある音楽なので、

これは望外の喜びでした。




Gidon Kremer and the Kremerata Baltica: Astor Piazzolla - Oblivion



じゃ、次回、またやるか?

・・・、

それは、その時、決めましょう。



家に着いたら、

「我が家的なんでもない日」

真っ盛りでした。



DSC_3631.jpg
DSC_3632.jpg
DSC_3633.jpg
DSC_3621.jpg




nice!(0) 

nice! 0