So-net無料ブログ作成

EAT!


そう、

このところなぜか、洋食屋さんに行きたい。



目玉焼が乗っかった

デミグラスソースたっぷりのハンバーグステーキ、

とか、

ケチャップたっぷりのスパゲティ・ナポリタン、

とか、

ああぁ、うっとり。



洋食屋さんといえば・・・、

そうだ、

今日は、あすこへ行こう!


DSC_3658.jpg
杉並区高井戸「EAT」。



階段を登り店に入るなり奥様が、

「あら、加藤さん! 

ほら、加藤さんよ(ご主人(ご店主)に向かって)。

ちょうど数日前に

加藤さんの話ししてたばかりなのよ。

お客様で

『はるさん(ぼくのこと)に紹介していただいて来ました』

ていう方がいらしてね、

ああ、びっくりした」



こちらも、びっくり。

だって、何年ぶりか、だ。

突然そういう話ですかい。


我が家はほとんど外食をしなくなってたし、

妻もこの世を卒業するし、

ぼくはこのところずっと、一日一少食だし、

ずいぶんご無沙汰だったところに来て、

お会いするなり、この話。



久しぶりにお会いしたご主人も奥さまも、

元気いっぱいだった。

よかった。



いろいろいろいろいろいろいろいろ、と、


DSC_3659.jpg
昔話に花が咲く。

ご主人、ちょっとでも手が空きそうな頃を見計らって、

ガラス越しに話しかけてきてくださる。

いいなぁ、こういう会話って。




ぼくが最初に伺ったのは46年前。



幼稚園の同級生(?)で、

YAMAHAライトミュージックコンテストで

1970年フォーク部門1位だったり、

セルジオ・メンデスさんとか、

デイヴ・グルーシンさんとかと

一緒に演奏活動している親友、




横倉裕の、音楽です。


幼稚園がいっしょだった彼に

連れていってもらったのが最初だった。

当時は高井戸駅南側の肉屋の2階にあった。


その時、各テーブルに置いてあった



_20161115_204423.jpg
DSC_3662.jpg
灰皿を見せていただく。

作られたのは市田喜一さん(すごい方です)。


ここはいろいろなオリジナルメニューがあるが、

いくつか聞いたことのない名前がある。


その中で学生の頃から食べていたのは

「ミート・パトラ」という料理。


今日、初めて

「なんでパトラなんですか?」

と尋ねてみた。


市田さんとはたいへん親しかったそうで

「なんかいつもとちがう料理作ってよ」

といわれてご主人が発案したという。


それをとてもおいしがられたので

市田さんの奥さまの名前を付けたとか。

奥さまのお名前は市田ぱとらさん。


46年目にしてやっと、意味が分かった。



その「ミート・パトラ」、

ひき肉に辛い下味がついていて

デミグラスソースたっぷり、

上にはトマト、マッシュルーム、

そして玉子が乗っていて、

それが土鍋でオーブンで焼かれ



DSC_3664.jpg
グツグツいって出てくる。

熱い!うまい!辛い!熱い!うまい!辛い!

熱い!うまい!辛い!熱い!うまい!辛い!

熱い!うまい!辛い!・・・refrain

学生の頃はこれを大盛りライスで

このリフレインとともに掻き込んだものです。

それでも足りなくて

普通盛りを追加で頼んだり。



さすがに一日一少食のぼくとしては

それは無理だけど、

いやぁ〜、おいしかった。

懐かしかった。



来年EATさんは50周年だという。

ご主人はそして来年80歳。

さすがに体力的につらいときがあって

数年前から週休二日にしたという。



とても80歳とは思えないキビキビとした動きは、

46年前に初めて伺った時と何も変わらなかった。



また来よう。



お店を出ると、


DSCN1847.jpg
月が見えました。



イート (EAT)
東京都杉並区高井戸西3-7-10
11:30~14:00 17:00~22:00
ランチ営業、日曜営業
木曜、第三水曜



nice!(0) 

nice! 0