So-net無料ブログ作成
検索選択

鶴居村、2日目。


ああ、ぐっすりねた!

・・・と言いたいけど、

1時間ほどで起きて、GO!・・・と思ったんだけど、


PC190211.jpg
6時12分。

窓という窓に霜が降りていて、なにも見えず、動けない。


暖機運転を充分にして、デフロストを最強でかける。



PC190213.jpg
-12℃。

でも、極寒の車内で待つも

ダウン2枚重ね、

ポケットというポケットにホッカイロ、

思ったほど寒さを感じないですむ、ありがたい。

そして脚にはモンベルのブーツ、秀逸。

まったく足の先が冷たくならない。



PC190215.jpg
DSCN0930.jpg
雪裡川、6時38分。



いた!



DSCN0925.jpg
ここが、鶴たちのねぐら、雪裡川。

鶴たちは外敵から身を守るために

こうして川に一本足で立ちながら眠りをとるそうです。



PC190221.jpg
もうじき、夜が明ける・・・


と思ってぼんやり見ていると、


PC190222.jpg
PC190223.jpg
PC190224.jpg
PC190225.jpg


びっくりだ、ぼくのすぐ右上を通り過ぎて行った!



また?



PC190227.jpg
PC190228.jpg
PC190229.jpg
PC190230.jpg
PC190231.jpg
PC190232.jpg
PC190233.jpg
PC190236.jpg
PC190237.jpg
まただ!




今度は?



左だ!


PC190246.jpg
PC190247.jpg
PC190248.jpg
PC190249.jpg
PC190251.jpg
PC190253.jpg
PC190256.jpg
PC190258.jpg
巨大な鳥がぼくのそばを通り過ぎて行く様は、

なにか、恐竜時代を想像させるような

スケールの大きさを感じる。




DSCN0944.jpg
DSCN0945.jpg
DSCN0946.jpg
DSCN0947.jpg
DSCN0948.jpg
DSCN0949.jpg
次々と「発射」されて行くようだ。



お、



PC190263.jpg
7時3分。


PC190265.jpg
PC190267.jpg
PC190269.jpg
PC190272.jpg
日の出、7時5分。



日の出の最中だろうがなかろうが、


また!


PC190273.jpg
PC190274.jpg
PC190275.jpg
PC190276.jpg
PC190277.jpg
PC190278.jpg
PC190279.jpg
PC190280.jpg
PC190281.jpg



左!


PC190295.jpg
PC190297.jpg
PC190298.jpg
PC190300.jpg
PC190304.jpg
PC190310.jpg
PC190311.jpg


静かに鳥肌が立っていた(人間だけど)。


同じ日本で、こんな場所があったんだ。



やがて、「発射」回数が減ってきた感じがしたので、

"鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ" へ、GO!



DSCN0965.jpg
PC190331.jpg
PC190325.jpg
DSCN0990.jpg

DSCN1033.jpg




PC190338.jpg
PC190337.jpg
PC190341.jpg
幼鳥は、踊りを楽しんでいるかのようでした。

鶴も、それぞれだなぁ。




鶴のカップル(?)が、お互いの絆を確かめ合う鳴き声だそうです。




いったん宿に戻りバッテリー充電をして、

ぼくも1時間ちょっとの睡眠だったので一休みして、

再び鶴居・伊藤サンクチュアリへ。



DSCN1109.jpg
DSCN1126.jpg
DSCN1139.jpg
DSCN1147.jpg
飛び立つ鶴たち、飛来する鶴たち、まるで空港のようだ。

午後になると、午前と違って入れ替わりが多いようだ。

そしてやがて飛去する鶴たちが多くなってゆく。

ここ鶴居村の日の入りは早い。



そうだ、昨日は日の入り、

山に消えるところしか見えなかった。


空港から鶴居村へ来る途中に、

たしか「釧路湿原展望台」というのがあった、

あそこからなら日の入りを見られるんじゃないか?


GO!



DSCN1184.jpg
太平洋が見えるじゃないか!


PC190365.jpg
PC190388.jpg
PC190392.jpg
PC190401.jpg
PC190407.jpg
PC190408.jpg
美しかった。


最後の最後のところは雲の向こうに隠れたけど、

この壮大なパノラマの中での日の入り、

すばらしかった。




東京で毎日のように日の出・日の入りを見ていて

気づいたことがある。

それは、鳥たちも日の出・日の入りを眺めるのが

好きなんじゃないかということ。


DSCN1168.jpg
DSCN1182.jpg
ここ展望台でも、夕日を愛でていた。



お、今からならまだ鶴たちの

ねぐらへの帰還が見られるかも?!



GO!




DSCN1188.jpg
PC190413.jpg
PC190416 (1).jpg
PC190417.jpg
見られた、間に合った。



PC190419 (1).jpg
一番星。


今日の、一日一食は"どれみふぁ空”さんの、



RIMG0042 (1).jpg
「釧路ラーメン」。


閉店間際に飛び込んだにもかかわらず

笑顔で迎えてくださる。


「寒いときは、温かいものは、いいですね」とご主人。


身体の真底まで冷え切ってたから、

ほんとうにおいしかった。

味はもちろん、そしてサービスが。



これで、鶴居村、二日目終了!・・・?



まだ、あります。


続きは、次で。


nice!(0) 

nice! 0