So-net無料ブログ作成

地球を生きる、Life On Earth。 [こころのなかの、こんくらい]



初日に見た「火球」、あれはなんだったんだろう?


火球は火球なんだろうけど、

なんで、いま、ここ鶴居村で?


そんなことをつらつらと考えていた。



お、今日も晴れだから月・星が撮れそうだ。



GO!


初日よりも「土地勘」が出てきたから、

今日は人工的なものが見えないところへ行ってみたい。



30分ほど走って「適地」を見つける。



空を見上げると、おびただしい星、星、星。



初日には「止まっている星たち」を撮ったので、

今日は「動いてる星たち」を撮ってみよう。



PC200422.jpg
PC200423.jpg


でもこの間、ずっと極寒の中で待っていなければならない。

自動車のエンジンをかけっぱなしにすれば暖は取れるが、

周囲は音ひとつないのでなんだか申し訳ない。



徐々に・・・ではなく、どんどんと冷え始める。


だめだ、寒い。


でもこの静寂感はたまらない。

深夜なので国道に自動車もほとんど通らない。

真冬なので虫の音さえ、ない。

時々、遠くで鶴の鳴き声がたまにあるくらい。



どうする。

ここでやめるか。



そのとき。



突然、

「これが、地球だ」

と感じた。



畳み掛けるように、

ぼくはこの

「地球という惑星を選んで産まれてきた」ことを知る。


ここに、

自分の意思で、降り立ったのだ。



日本人である、

東京人である、

杉並人である、

なによりもその前に

地球人なんだということを直覚した。



そのぼくは、しかしながら

ダウンジャケットを二枚重ねで、

極寒対応のブーツを履き、

手には最新素材の手袋をはめ、

ポケットというポケットにホッカイロを入れながら

それでもぶるぶると身体を震わせている。



足元の大地、周囲の田畑・森林には

おびただしい動物、昆虫、微生物が

素のまま・裸のままで生活をしている。


この差はなんなのだ。



天を仰ぐ。


そこにはキラキラと輝く星たちが全天に広がり、

ひときわ大きく「月」という物体が浮かんでいる。


「月」といえば、誰でも知っているそれって、

巨大な惑星、

それが空に浮いているって?

しかもそれが45億年、正確無比に動いているって?



地には木々が、

季節ごとに花が咲き、実がなり、

それが集まり森を、

そこをねぐらに様々な動物たちが、

昆虫たちが、

微生物たちが、

何層にもその生の循環を繰り返している。



ぼくは今、この地に、

この地球という惑星に立つ、

ただの、ひとつの命でしかない。



ひとりでここ地球という惑星に生まれ、


そしてたぶん、

ひとりでこの世を去ってゆく。



なんで?

なんのために?



音楽で自分を表現してみたいこともあった、


デザインで自分を表現してみたかったし、


本を書くことで自分を表現してみたかったし、


蕎麦を打つことで自分を表現してみたかった。



でもそれは、なんのため?



感じたい。

感じたいのだ。



愛したくて、愛されたいのだ。


それを感じたい、
とことん。



こころの平和を味わいに、


ぼくはここ地球に生まれ落ちてきた。



そんな感覚が突然、


猛烈なクリアさでぼくを襲った。



家に帰れば子リスたちが待っている。

妻は他界したけど、依然として父親だ。

友人・知人もいる。

でも、いま、ここ、では

単なるひとつの命。



それはちょうど、はじめて海外に出て

自分が「異邦人」であるということを直感する様に似ていた。

それは自分の立ち位置を「俯瞰」することでもある。




超冷たい微風が、ぼくの頬を撫ぜ、

はっと我に帰る。



いつのまにか、うっすらと霧が出てきていて、




PC200421.jpg
森の上には、美しい光を放つ月が見えていた。



ぼくは、地球人。

そして宇宙の、一員。



生きとし生けるものは、

地球という惑星で生きてゆけることになっている。




だいじょうぶ。


そんな声が、聞こえたような気がした。




DSCN1197.jpg
1時38分の、月。



nice!(0) 

nice! 0