So-net無料ブログ作成

小天丼の、想い出。 [こころのなかの、こんくらい]

5人の子リスを育て上げた、

今日は、妻リスの誕生日。


おし、みんなで、あすこに行こう。


GO!

母乳哺育をしながらの外食は、

なかなか難しかった。



妻リスはたいそう子リス思いで、

乳を欲しがればどこでも胸をはだけ

飲ませてあげていた。



それは、

ぼくが子どもの時分だったら

至極当たり前の光景だったけど、

現代ではまずお目にかからない。



お母さんという存在は当時

電車の中だろうがバスの中だろうが食堂だろうが、

赤ちゃんが欲しがれば胸をはだけて

授乳をしていた(子どもの頃の記憶です)。



それを当たり前のこととしてとらえ

きっちりと、全員に、2年間ずつ

総計10年+α続けていた妻には

こころから感謝しています。



最終的には5匹の子リスが生まれ

7人家族にまでなったものだから、

ふらっと入れる飲食店などまずなく、

予約しないとならなかったり、

予約しないで済むとなると郊外型大型店とか、

あるいは混む時間を避けるなど、

外食できる店というのは選定が極めて難しかった。



このお店はぼくらのような家族に対して

とてもよく対応してくれて、

ベビーカーも置かせてくれるし、

席もゆったり、

照明もスポットライトが効果的に演出されて

明暗がはっきりしているから

影に入れば目立たなく、

もちろん、胸をはだけ乳を飲ませている間は

ぼくはなにげなく「壁」になったりするわけだけど、

乳をあげている時は母子にとって安楽、

さまざまなサービスもとても良くて

とても気に入っていた思い出の場所。



当時は「小天丼」というメニューがあって、

それを上の子リスたちは喜んで食べていた。


それが今では、


RIMG1003.jpgRIMG1004.jpg
「特製天丼(松)」。

すごいボリュームだけど、完食。

母ちゃん、ここまで大きくなったぜ。



妻は天ぷらも刺身も好きだったので(ぼくも)



RIMG1009.jpg
「刺身と天ぷらの定食」を頼んでたなぁ。



なつかしくて、とてもおいしかった。



帰りがけに、未子リスの提案で

パパメイアン(薔薇の名前です)を一輪。

支払ったレシートが、


RIMG1025.jpg
1,188円=いい母!



帰宅して、ケーキは長女子リスの


RIMG1018.jpgRIMG1016.jpg
「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」


おいしいね、母ちゃん。



空に向かってお祝いを言いに行ったら、


DSCN7475.jpg
月が輝いていた。



RIMG1021.jpg
お誕生日、おめでとう。



nice!(1) 

nice! 1