So-net無料ブログ作成

夏至と、瞑想と、日の入り。

夏至。


あっという間に、今年も折り返し地点だ。



昼過ぎ、強風と土砂降りの雨の中

屋上で瞑想をした。

なかなか興味深かった。



前にも書いたと思うけど(たぶん)

瞑想をするときにぼくは

先立って向こう側へ行った人たちのことを

こころに思い描く。



やがて「つながった」

と感じるポイントがあり、

それを感じたとたんに

「風が吹く」。



風は、だから、サインだ

向こうからの。



でも、今日みたいな風の強い日は

どうなるのかなと思いながら

瞑想に入り

「つながった」

と感じたその直後

それまで吹き続けていた風よりも

さらに強い風が吹いた。



な〜んだ、そういうことか。



おもしろいので

いろいろな身近な人々を思い浮かべ

「つながった」ときは

やはり強い風がびゅうと吹いた。



瞑想を終わって、濡れた洋服を着替えて

遅いブランチは



DSCN5520.jpg
昨日の残り物のミートボール。



そして長女子リスはカップケーキを

長男子リスはかぼちゃのタルトを

それぞれに焼いていたので



RIMG0115.jpg
それらをちょっとずつ、もらう。



ぼくはコーヒーを淹れた。
(豆も長女子リスの自家焙煎)


大荒れの、夏至、

やがて、日の入りの時刻が近づく。



どう見ても

今日は日の入りを見るのは難しそうだ

と思いつつも

いつもの永福町駅の「定点観測所」に行ってみる。



うっすらと太陽はそこにあると分かるくらい

雲が厚い。


ん〜、これはやっぱり難しいかな、

ま、でもしばらく粘ってみよう。


腰を据えて空を眺める。


それにしても


P6211606 (1).jpg
雲の流れが速い。



P6211621.jpg
P6211630.jpg
P6211631.jpg
太陽が一瞬顔を出した!



P6211648.jpg
そして、彩雲!



P6211660.jpg
DSCN9016.jpg
DSCN9022.jpg
DSCN9023.jpg
DSCN9032.jpg
DSCN9036.jpg
DSCN9074.jpg
DSCN9079.jpg
DSCN9093.jpg
DSCN9100.jpg
DSCN9119.jpg
DSCN9121.jpg
DSCN9129.jpg
高速度カメラで撮った映像のように

刻々と移り行く夕暮れの空。



夕方までの荒れた空からは

想像もできないような日の入り。



まさか太陽が、彩雲がそして

夕焼けまでもが見られるとは思わなかった。


しかもとびきりだった。




いっときも眼を離さずにはおれない

そんな天空のライヴショーに

ずっと釘付けだった。


DSCN9124.jpg
今日は、夏至。



nice!(0) 

nice! 0