So-net無料ブログ作成

地球との、対話? [こころのなかの、こんくらい]



この世の中、

楽しんで生きようと思えば

そうなる。

苦しみながら生きようと思えば

そうなる。



そう、

それは自分がどう生きようかで

すべてが決まる。


自分本来の生き方、って?



ぼくはこの歳になるまで

なんで自分が

この地球という星に

生まれてきたのか

それを問い続けて生きてきた。



それはその時々で変わった。

やりたいことへは

いくらでも集中できるが

やりたくないことをするときは

集中できないばかりか

ぼくの場合病気になるらしい。



死にそうになったことがあるので(本当です)

以来、

自分の本来の心に反する生き方はやめた。

というか、できなくなった。



わかりやすい体質なので

その通りに従って生きている。



でもたぶん、世の中には

やりたくない仕事をしながら

生きている人は多いんじゃないか。


そう思うと

やりたい、やりたくない、の

判断の基準て、なんだ?とも思う。



今日、32度の寝床で微睡みながら

なんとなく

地球と話してみたいと感じ

やってみた。



ぼく:
「あなた(地球のこと)は

母なる地球とも呼ばれ

愛の惑星だと思うのですが

ここ地球に住む人々が

愛に生きられず

辛く感じながら生きていることは

きっとあなたは

敏感に感じ取っていると

思うのですが

どうお感じになっているのでしょう?」

と尋ねてみる。


すると、

間髪を入れずに返事が帰ってきた。


それは女性の、穏やかな、

落ち着いた声だった。


地球:
「たくさんの魂の辛さは伝わってきます。

それは人間の世界の中だけでの

「ルール」に縛られているからなのであって

地球上の自然界には

存在しない「ルール」なのです。

その「ルール」の中だけで生きようとすると

それはやがて破綻します」


うんうん、まさにそうだな

と聞き入っていると


地球:
「私は、大きな変化の只中にいます。

私がより私らしくなるということです。

それは人々にも影響のある変化です。

でもそれは

まったく恐ろしいことではありません。

大事なことは

自分らしく生きることです。

さらなる愛に生きることです。

美しいものを見ることです。

美しいことに触れることです。

日々、美を感じることです。

心も身体も歓ぶことです。

そうすればあなたの(あなたたちの)心は

より純粋になり、強化されます。

これからやってくる私の変化の波は、

愛によってのみ乗り越えられます」



はっ、寝てた。

夢か。




nice!(0) 

nice! 0