So-net無料ブログ作成

ワラーチに、はまる。 [ワラーチ]


なんとも驚きのワラーチの、世界。


これは、はまる!

"man3DALs"で自宅から一駅分を

走ったり歩いたりして

新宿の街を徘徊して帰宅。



なんて気持ちいいんだ。

裸足みたいで、でも、痛くない。


紐はゆるゆるなのに

いくら走っても脱げない。

すごい!



帰宅して脱いでみると

たった半日ですでに


P9231589.jpg
P9231590.jpg
P9231592.jpg
「ビルケンシュトック化」していた。


自分だけの凹凸。

最高のアーチ。

完全なオーダーメイド。

70円ちょっとで味わえるなんて。



どんどん地面が近くなってゆくのを感じながら

歩き・走った。

"man3DALs" 面白い、ほんとうに面白い。



昨日作った時点で、室内を歩いただけで

すでに「鼻緒」の部分が

うっすらと擦れていたので

その部分に


P9231597.jpg
木工用の瞬間接着剤を塗って

ギュ〜と潰して一晩置いてみた。



自宅〜新宿の街〜自宅までの道程では

まったくといってよいほど


P9231587.jpg
P9231585.jpg
磨耗がなかった。
(潰して固めてあるので磨耗したように見えますが)

P9231595.jpg
P9231596.jpg
踝辺りはほとんど擦れないんだなぁ。



"man3DALs"の超軽量さを

足全体・身体全体で感じながら

自動車・オートバイ・自転車などの

サスペンションに共通してる

「バネ下加重」を思い出していた。


足回りの軽量化は

総合性能に大きく影響する。


いくらスニーカーたちが軽いとはいっても

"man3DALs"(ワラーチ)には及ばない。



さらに深夜

わが町を"man3DALs"で走ってみた。



じつに気持ちが良い。



このところロードバイクにもぜんぜん乗っていないし

小黒森庵(マイクロモリアン)の製作が続いてるから

運動していなくて身体は重いはずなのに

なぜかどんどん走る気持ちが強くなる。

ふしぎ。



暗い道があり

前から若いカップルが歩いてくるのが見えたので

道路の端に寄りながら走ったら

石を踏んだ。



穴は開かなかったけど


P9231600.jpg
P9231601.jpg
底はだいぶ凹んだ。



瞬間痛かったけど、そのまま走れた。

ソールの厚みは

すでに薄いところは2~3mmくらいかな。
(石を踏んだところではなくて)


ただ、これは磨耗じゃない。

潰れて行く感じ。


これはこれで

ほとんど裸足的な

道路とダイレクトに繋がるような感覚もあって

しかも痛くないという

イイトコ取りのような状態。



すでに買ってあるビブラムシートで

本番を作っちゃおうかとも思ったけど

もう一度


P9231602.jpg
P9231598.jpg
ジョイントカラーマットで作ってみた。



これで成功だったら

ビブラムへ移行しようと慎重に作ったら

なんと

最初の方がフィットする(^ ^;)



ん〜、ほとんど変わらないのになぁ。

ビギナーズ・ラックていうやつだな。



はたと立ち止まって考え、一旦頭を冷やして

原因を探そうとしたが

ええぃ、めんどくせぃ

最初のが良かったんだからそれでいい、と決め


P9241604.jpg
P9241606.jpg
ビブラムソール8338の"man3dals"、完成!


とはいっても、manさんの指定の紐は

パラコードといってパラシュートに使う強靭な紐で

いま我が家に手持ちはないから

とりあえず綿金剛打という名の紐で。



明日にでも、パラコードを買いに行こう。


ああ、たのしみ。



nice!(0) 

nice! 0