So-net無料ブログ作成

ワラーチ "man3DALs" 、2週間、経過。 [ワラーチ]


ワラーチ "man3DALs" 、

急に思い立って作ってみたくなり

履きだして2週間が過ぎた。


なんとも快適で手放せなく・・・

もとい

足放せなくなった。



今回の山形の

「日本海へ沈む夕日を見る旅」

も、そのほとんどを

ワラーチ "man3DALs" で歩き続けた。


超にもうひとつ超を付けてもいいくらいの軽量さ故と

ぼくの足型に


PA042217.jpg
PA042215.jpg
PA042216.jpg
完全にフィットする凹凸になっているので

「履いてる」ということを忘れてしまう。



時々、どうしても靴を履かねばならない場で

(仕方なしに)靴を履くと

その違和感たるやものすごいものだった。



ワラーチ "man3DALs" を履きだして

たった2週間で

ぼくの足の感覚はそのくらい変化している。



一日履き続けて最後に宿でソールを確認すると

母子球と踵の部分だけは

たしかに紙のようにぺらぺらになっている。


PA042218.jpg
これは、踵部分。

ぼくはランではなく

主に徒歩で使用しているので

踵に一番体重がかかる率が高いのだろう。



手で確かめるしか方法はないけど

たぶん、感触的には0.5~1mm未満というところか。


それでも一晩経つと

1~1.5mmくらいにまで「復活」している。


その状態でまた一日履き続けて

0.5~1mmくらいになり

一晩経つとまた復活・・・

それの繰り返しが、日々続いている感じ。



それほど薄い部分があるにもかかわらず

荒い路面、点字ブロック、小石程度なら

痛みをまったく感じずに歩けるのは

特筆に値する。



ソールの裏側(地面と接する部分)を見ると


PA042210.jpg
たしかに磨耗している形跡はあるけど

それでも

磨耗よりも体重による圧縮で

ペナペナになっている感じが強い。


PA042214.jpg
鼻緒部分は木工用瞬間接着剤で固めたのは大成功で

ほとんど磨耗がない様子。



くるぶし両側の紐はなにも対策をしていないけど


PA042219.jpg
ほとんどまったくといっていいほど、磨耗がない。



想像以上に磨耗に強く

しぶとく履き続けられる印象。


RIMG0373.jpg
素材は、ポリエチレンだった。



なので、履けなくなるというところまで

「耐久テスト」をしてみようと思う。



なにせ、70円もしないで

この快適さなのだから。


PA042220.jpg
ワラーチ "man3DALs" 、すごい。





man3DALs



nice!(0) 

nice! 0