So-net無料ブログ作成

急に決まった、和田峠行き [黒森庵]

女将がポツンと、言った。


「私も和田峠に行ってみたいな」



行かないでか。


続きを読む


ぼくの、味覚の根っこ。その弐 [黒森庵]

昨日は、ぼくの夕食当番だった。



「ぼくの、味覚の、根っこ その壱」でも書いたが、

ふつうお茶漬けというと、
白飯に日本茶をかけて、新香でサラサラと、
というかんじか。



うちにはそうではなく、もうひとつ、
それだけで夕食になる、
しっかり食欲を受けとめる「お茶漬け」がある。


その茶漬けに、
子どもの頃、ぼくは、ノックアウトされた。

続きを読む


9月が終わるまで 起こさないで [黒森庵]

女将はほんとに音楽を聴くのが好きだ。


朝起きたとたんに、ラジオを聞き始める。

それが一段落してからはケーブルテレビの音楽番組をチェック。

キッチンで料理を作っているときは、お気に入りのCD、FMチェック。



女将は聴くだけでなく、気に入った曲は邦訳も楽しんでいる。


ぼくは英語が下手なので、いつも音楽はメロディー優先で聴いてしまうが、

彼女は同時進行で歌詞にも同等の価値を見いだしている。



そういう彼女は、

GREEN DAYというバンドにいち早く注目していた。

たぶん、日本に紹介されてすぐからアルバムを買い出していた。




「こういう歌みたいよ」


といって見せてくれた、彼女が訳した歌。

Wake Me Up When September Ends
(9月が終わるまで 起こさないで)

http://www.youtube.com/watch?v=NU9JoFKlaZ0&ob=av3e


曲のインスピレーションは、リーダーのお父さんの死、
(彼のお父さんは1983年9月10日になくなったそうです)

それと9.11、イラク戦争などへの個人的な感覚からといわれる。
(でも、作者本人に直接聞いたわけではありません)




女将の訳詞です。



夏は来たと思ったら 終わっちゃった
子供はいつか大人になる 今はぼくをそっとしておいてくれ

父さんとの突然の別れみたいに この7年はアッけなかった
9月が終わるまで ぼくを起こさないでくれ

ほら また雨が降ってきた
星からこぼれ落ちて来て ぼくの痛みに またしみ込む
こうしてぼくらは強くなっていくのかな

思い出が暴れ回ったりは もうしないけど
あの時失くしたものが あきらめきれない
9月が終わるまで起こさないで

又 鐘を鳴らし回ろうよ
春が来た時にしたように
でも今は9月が終わるまでは ぼくを起こさないで

父さんとの突然の別れみたいに この20年はアッけなかった
9月が終わるまで ぼくを起こさないでくれ



訳詞終了





暑い8月が終わり、9月になろうとしています。



女将は元気に、パンを焼き続けています。

100827女将パン.jpg
8月27日のパン

100829女将のパン.jpg
8月29日のパン


黒森庵、順調に再開準備が遅れています。

女将の体調が悪いのではありません。

どうか、いましばらく、お待ちください。

Wake Us Up When September Ends!




そば屋が、そば屋の宣伝を、しますとも 伊奈「蕎麦きり さいとう」 [そば屋ともだち、そばとも、とも]

だれが言い出したか、

年に数回、そば仲間が集まり、どこかおいしいそば屋を見つけては、

あれも、これも、食べ、飲み、

イナゴの大群のように去ってゆく会というのをやっている。



そば仲間といっても、ただただそばを食べるのが好きな人、

そばを食べるのと、酒を飲むのが好きな人、

そばを食べるのと、自転車が好きな人、

そばを食べるのと、歩くのが好きな人、

そばを打つのと(そば屋さんですね)、そばを食べるのと、酒を飲むのが好きな人、

など、さまざまだ。



今日の、かわいそうなそば屋さんは。



「蕎麦きり さいとう」さんだ。

続きを読む


ポタ・ド・和田峠 [ポタリング]




こんな題にしちゃって、いいのかなぁ。

ま、いい。



前回の和田峠はこうだった。



つまり、ぼくより一回り若いNさんに、

風よけ役をやってもらっての(ドラフティングでしたね)登頂だった。



それがなんともくやしい。



単独登頂ができないものか。


続きを読む


ヘッドライトの、ハンドルへの取り付けの、ヒントなど [自転車]


この記事の、最初の投稿時に、基本的な誤りをしていました。 私の至らないことでしたが、大事なことですので、 訂正させていただきます。 訂正部分は、赤で記入いたします。


自転車で夜走る時に、夜道はとても危険だ。

そして、いつも気になるのはライトの暗さだ。



街中は街路灯などがあるので、

ポジションライトがあれば、一応法規的にはなんとかなるとはいえ、

(8/24加筆開始) 大事なことを勘違いしていました。 このブログを読んだ方に教えていていただきましたが、 ポジションライトは、 法規的には「前照灯」(ヘッドライト)として認められないようです。 ですので、以下の写真のものたちは「補助灯」ですね。 前照灯は、別に必要です。 詳しくは、http://allabout.co.jp/gs/citycycle/closeup/CU20071031A/に書かれていますので、 ぜひご一読ください。(8/24加筆終了)
ポジションライト.jpg
(ポジションライトというのは、「自分はここにいるよ」、
とドライバーなどに知らせるためのもので、あまり照度が高くありません)

路面状況が分らないというのは、とても不安だ。


かといって、数ワットの、じゅうぶんに明るいライトは何万円もする。

しかもバッテリー充電式だったりする。

充電式だと、「いま使いたい」というときに不便だし、重い。



なにかないか、と、いつも考えていた。


続きを読む


号外 女将の自宅治療、終了。 [黒森庵]


女将には薬の副作用がない、と書いたとたんに、

今回はじめて、少し食欲減退の症状が出た。

これだから、病気というのは、わからない。




きくところによると、つわりに似ているという。



つわりかぁ。

こればっかりは、ぼくにはわからないが、

それでもなんとか乗り切りました。



昨日の女将のパン。

100822女将パン.jpg

症状があっても、パンを焼く執念というかなんというか。




症状が出ている母を横目で見ながらも、

パンを焼く三女も、すごいというかなんというか。

100823三女パン.jpg
三女が大事に育てている、酒粕酵母「蕎麦切り さいとう」さんからいただいた、酒粕です)で
発酵させた、カンパーニュ。



今回も、五日間の自宅治療が無事終了しました。


いくらなんでも、そろそろ黒森庵再開の話し、など。 [黒森庵]

なかなかぼくが黒森庵再開について書かないことについて、

あれぇ、

などと疑問を持っておられる方もいると思います。



「女将、女将」って、元気そうじゃないか。

店主は自転車ばかり、乗って。

峠に行っちゃって。

休み慣れしちゃったんじゃないの?

つぶれちゃった?




はい、女将は元気です、

といっても、元気途中、といったほうが正確です。



はい、自転車は大好きですし、

そば打ち・製粉作業での腰痛対策には、ほんとうによく効きます。



はい、休んでいると、

店のこと以外のことがいろいろできます。

ブログも、毎日更新できます。



でも。


店の再開は、もちろん、したいです。


いま、その機会をうかがっているところなのです。


続きを読む


今日のツール・ド・築地、と、PEDAL DAY [自転車]

正確にいえば、

ぼくは、毎日自転車で遊んでいるわけではない。

これは、来るべき黒森庵再開に向けた、

そば打ちのための「トレーニング」である。


そして、女将の体調を毎日見極めた上で、

「今日は長距離走ってきても大丈夫だな」

というときに限り、和田峠などに向かうわけだ。



などと、開き直ってみる。



でも、昨日の女将の検査で、ほぼ、

黒森庵の今後の計画が立てられそうだということが分かった。



明日からの5日間の自宅治療を見極めて、

最終的にいつごろに再開できるかを決めたいと思っています。



なので、再開を前提とした、

素材などを買いに、久々にツール・ド・築地をした。

続きを読む


号外 女将の体調の、その後 [黒森庵]


昨日は月に一度の、女将の外来検診。

外来受診.jpg
このところの調子が良いため、MRIは今回カットです。


採血をして、主治医の先生に診ていただく。


結果、問題なし。

よって、5日間の自宅治療を開始することに。



この自宅治療というのは、ようするに、

自宅で、決められた薬を、決められた日数、決められた量を飲む、

ということだけなのだが、

副作用が出る薬なので、本人、周囲ともに注意をしていなければならない。


その副作用とは、人によって様々なようだが、

もっとも顕著に出るのは、吐き気、

そしてそれにともなう、食欲不振だ。



ところが、こと女将に関してはそれがまったく、ない。


元々が、食いしん坊と自認するだけある。


主治医との問診のときにも、こういった。



「先生、人にはなにか取り柄というのは一つあるようで、食欲が落ちないんです」



と、笑いながら話す女将。


それに答えて、主治医は、カルテを見ながら、


「取り柄? あなたの場合、ありまくりですよ」


と大きな声で笑いながらおっしゃった。


食欲のみならず、実際のデータでも、悪いものがないという。

これだけずっと良好な状態が続いているのを、

我が事のように喜んでくださる。


となりの診察室から、女将の声を聞いて、

手術で執刀してくださったもう一人の主治医の先生も、

笑顔で顔を出してくださる。


この病院は、なんてあたたかいんだ。


ほっ。


これで、あすから5日間の「自宅治療」を開始できる。


ただ、この間は治療に専念するので、たぶん、パンは焼けない。

ま、それはがまんしてもらおう。

ぼくも5日間、朝は一緒に起きて、

彼女が寝過ごすことがないようにするので、

峠、坂攻めは、がまんだな。



昨日、今日の、女将のパンのあさめし。
(病院のスタッフの方々にお礼にと焼いたパンの、自家消費分、です)



カフェ・ラッテと、女将のパン(レーズンとカシューナッツ入り)。

和風.jpg
「和」 カフェ・ラッテは塗椀です。

洋風.jpg
「洋」


まったく同じものを食べ、飲んだけど、

和でいただくときは、なぜか背筋がすっと伸びた。

洋でいただいたときは、リラックスした。



なぜなのか、その理由をいま、考えているところです。





はたらく自転車たちの復活を願う [自転車]

ぼくが自転車を好きになったのは小学校の頃だったから、

50年以上・・・、ああ、これを書いていて、

当時のことを走馬灯のように思い出す。

もう死ぬのか、ぼく。



それはそれとして、

子どものころから、自転車が大好きだった。


乗るのも好き。

見るのも好き。



続きを読む


墓参り、と、坂参り [自転車]


墓参りに行こうと思った。


いつもなら家族で自動車で行くのだが、

女将は今日は自宅待機ということに。


元気は元気なのだが、木陰のない炎天下でのお墓参りは、

今の彼女にとってはちょっとつらい。


ということは、だれかが彼女のケア部隊として家に残る。

夕食部隊も、残る。


ならば、今年は、ぼく一人で行ってみよう。


あそこは、坂もあるし。



不謹慎きわまりないと思われるだろうが、

坂参りもついでにすることにした。


続きを読む


和田峠症候群 [自転車]

和田峠は、今までに二回アタックしている。
(なにか勇壮な感じがしますが、ただ登りにいった、ということです)


その顛末は、

「女将の快復と和田峠」

「暑くて、つらくて、また行きたい和田峠」

で書いた。


一度目は、足を着き、しかも少しではあるが歩くという、
してはならぬことをしてしまった。

後悔が残った。


二度目は、暑くて暑くて、水分補給をするために、
足を着いてしまった。

しかし、その場に立ち止まりはしたが、一歩も歩かなかった。

それは、進歩と思うことにした。

「一応登頂」

と、こころの中で位置付け、

最初の後悔は消し去ることにした。


でも、消えないんだよぅ。


続きを読む


夕食当番 [たべもの一般]


きのう、おととい、と、夕食当番をした。


おとといのメニューは、ちょいと、

自分でいうのもなんだが、美味しかった。


ぼくはほとんどメモを取らない人間なので、
(ほんとに、「こんくらい」ってかんじで生きてます)

次回、同じものができるかわからない。


上手くできるかわからなかったし、

出来上がって食べてみたら、

じつにうまかったので、

写真に撮るのを忘れてしまった。


次回作る時に、忘れていなかったらアップしてみます。
(思わせぶりで、すみません、ぺこり)



で、昨日の夕食。

続きを読む


ポタ・ド・オレノマチシュウヘン [たべもの一般]


和田峠に行きたくてしょうがない症候群発症中。


でも今日は、それをするにはちょっとスタートが遅すぎた。


じゃ、近所をポタリングしよう。


続きを読む


号外 このところの女将のパンなど。 [黒森庵]



連日、女将がパンを焼く。


とにかく彼女はパンを焼くこと、そして料理をすることが楽しい。

リハビリにはうってつけなこともあり、

焼いて、焼いて、焼きまくる。




100804女将パン.jpg



三種類焼くこともあり、食べる側も、楽しい。

100806女将パン.jpg




しかし需要と供給のバランスというものも、ある。

こういうふうに、消費はしているのだが、

100810あさめし.jpg

多勢に無勢というか。



ここ数日、ディズニー「ファンタジア」のように、

食卓にパンが溢れ出してきた。

たくさんの、パン.jpg



これはみな、パンプディングやら、

フレンチトーストになるのでなんら問題はないが、

これ以上増えると、さすがに消費しきれなくなるので、

ここ数日、しぶしぶ女将はその「むんむん焼きたいエネルギー」をセーブしていた。



今日、久々に、全開。

100812.jpg



女将、元気です♪♬

そば屋が、そば屋の宣伝を、しますとも  新江古田「じゆうさん」 [そば屋ともだち、そばとも、とも]

人間、不思議なもので、

なにかを感じ取ると、なにかが、ふっ、と頭に浮かんでくることがある。


条件反射というか。


夏、暑い、おなかがすいた、そばが食べたい。


この条件がそろうと、ふっ、と浮かんでくるそば屋さんがある。


続きを読む


そば屋が、パン屋の宣伝を、しますとも。「タビタのパン」 [そば屋ともだち、そばとも、とも]

もう何十年前だろう。


ぼくが企業デザイナーをやめて八ヶ岳に移り住んだ時期、

ある日、若いカップルがぼくの家にやってきた。

たしか富ヶ谷「ルヴァン」の甲田さんから紹介された、
そういうようなお話だった気がする。
(甲田さんとぼくは、もうずいぶん長いお付き合いなんだなぁ)



ボロボロ(失礼)のジムニー(軽ジープですね)に乗ってきた彼らは、
会ったとたんにほっとするような、
独特の暖かさを持った、純朴なカップルだった。


わざわざ八ヶ岳のぼくのところまできてくれた、
理由を尋ねると、こういう話しだった。


続きを読む


暑くて、つらくて、また行きたい和田峠 [自転車]

前回、和田峠にアタックした顛末は前に

「女将の快復と和田峠」

で書いた。


へっぽこなぼくは、

途中で自転車を降り少し歩くという野暮なことをし、

しかもその、

自転車を押して歩いている姿を、

後から登ってきた若い自転車乗り、

上から下りてきた登山者などに目撃されてしまった。


恥ずかしい。


悔しい。


ここで少し、言い訳をしたい。


続きを読む


そば屋が、カフェ(コーヒー屋さん)の宣伝を、しますとも。 [たべもの一般]

いやぁ、おいしかった。


といっても、一番飲みたいコーヒーは、

残念ながら品切れだったんだけど、

それでも、素晴らしい一品だった。



「BEAR POND ESPRESSO」

続きを読む


今日のユニバーサルデザイン [デザイン]

 

ツール・ド・築地のルートには、合羽橋が入っている。


合羽橋というと定番ものばかりのように思うかもしれないが、

最近の合羽橋は、代替わりしたお店などもあるとみえ、

現代的でハイセンスな商品を置く店も増えてきた。


食器などは、時折新製品が入っていたりするので、

定期的に通ってはチェックしている。



ある日、ふと目に留まったのが、これ。

ニューペッパーミル.jpg

続きを読む


ポタ・ド・オレノマチと、アリエッティと、そばの関係 [ポタリング]

断酒、というほど強い意志があるはずもないが、

なぜか断酒5日目。



そのせいかなんのせいかわからないが、

睡眠よし、体調すこぶるよし。



今日も早起きした。


ので、早朝ポタをした。


続きを読む


ポタ・ド・代官山 [ポタリング]

身内ネタで申し訳ないが、

息子が小さな個展を始めた。



場所は代官山。

TOM'S SANDWICHというお店の壁をお借りしての、
ちいさな、ちいさな、個展。


古くからの親友IZUMIが、石川セリさんを誘って見に行ってくれるというので、

ぼくは現地で会うことにした。



続きを読む


号外 我が家のネコが病院に行くの巻



夏になって猛暑が続き、うちのねこの元気がちょっとバテたのか、

なんか見るからに情けない風体になってきた。



体をみると、ところどころに発疹があり、

おなかははげちょろけだ。



娘たちが、病院に電話をしたところ、

すぐにいらっしゃいという。



よし、行こう。



続きを読む


8月1日の、こんくらいと、お知らせ。 [デザイン]

今日は、昼ご飯は屋上で食べた。


愛女将弁当。

愛女将弁当.jpg


アスパラの黒豚ロース巻き、たらこ、サツマイモ洋風甘煮、カリカリ梅干し、ゆかりご飯。


続きを読む


徳利、ではありません [デザイン]

proteckhead.jpg


徳利ではありません。

洗髪の時に使う、ヘア・ブラシですね。



近くのスーパーマーケットで見かけた。


その頃ぼくは

「超極細」

とか

「マイクロファイバー」

とかに興味を持っていたので、一つ買ってみた。



ところが、使ってみるとなんとも頼りない。

洗った感じがしない。

頭皮まで届いていない感じ。


残念だが、はずれ。
と思ってほったらかしにしていた。


ある日、同じスーパーマーケットに行ってみると、
同じ商品だが「ハード」タイプが新発売されていた。

proteckhard.jpg


おお、やっぱりぼくと同じことを感じていた消費者たちがいたんだな。

その声がメーカーに届いて、新製品が出たんだな。

「ガッツ!」

と、すぐに購入。



その晩、さっそく使ってみると、

「ハード」すぎる。

ちくちく、痛い。



ん〜、またもや失敗したか。



くやしいので、なんとか使う方法はないかとあれこれ考え、

やってみたのが、両手使い。



両方の手にそれぞれ持って洗うだけのことなのだが、

これがなんとも気持ちがよい。



よく考えれば、頭を洗う時って、両手だな。



ただ、「ハード」なのは変わらずなので、

翌日、もう一回、「ノーマル」タイプを買い足した。




洗ってみました。



もう、最高の気分ですね。




一個で使っていた時は、なんだか頼りない感じがしていたのだが、

両手使いではじめて分ったのだが、

じつはちゃんと頭皮まで極細毛は届いていたのです。



いやぁ、両手使い、いいですよ。

おすすめします。



って、でも、ぼくはメーカーの回し者ではありません。




proteck両手.jpg