So-net無料ブログ作成

今日のツール・ド・築地、と、PEDAL DAY [自転車]

正確にいえば、

ぼくは、毎日自転車で遊んでいるわけではない。

これは、来るべき黒森庵再開に向けた、

そば打ちのための「トレーニング」である。


そして、女将の体調を毎日見極めた上で、

「今日は長距離走ってきても大丈夫だな」

というときに限り、和田峠などに向かうわけだ。



などと、開き直ってみる。



でも、昨日の女将の検査で、ほぼ、

黒森庵の今後の計画が立てられそうだということが分かった。



明日からの5日間の自宅治療を見極めて、

最終的にいつごろに再開できるかを決めたいと思っています。



なので、再開を前提とした、

素材などを買いに、久々にツール・ド・築地をした。

続きを読む


号外 女将の体調の、その後 [黒森庵]


昨日は月に一度の、女将の外来検診。

外来受診.jpg
このところの調子が良いため、MRIは今回カットです。


採血をして、主治医の先生に診ていただく。


結果、問題なし。

よって、5日間の自宅治療を開始することに。



この自宅治療というのは、ようするに、

自宅で、決められた薬を、決められた日数、決められた量を飲む、

ということだけなのだが、

副作用が出る薬なので、本人、周囲ともに注意をしていなければならない。


その副作用とは、人によって様々なようだが、

もっとも顕著に出るのは、吐き気、

そしてそれにともなう、食欲不振だ。



ところが、こと女将に関してはそれがまったく、ない。


元々が、食いしん坊と自認するだけある。


主治医との問診のときにも、こういった。



「先生、人にはなにか取り柄というのは一つあるようで、食欲が落ちないんです」



と、笑いながら話す女将。


それに答えて、主治医は、カルテを見ながら、


「取り柄? あなたの場合、ありまくりですよ」


と大きな声で笑いながらおっしゃった。


食欲のみならず、実際のデータでも、悪いものがないという。

これだけずっと良好な状態が続いているのを、

我が事のように喜んでくださる。


となりの診察室から、女将の声を聞いて、

手術で執刀してくださったもう一人の主治医の先生も、

笑顔で顔を出してくださる。


この病院は、なんてあたたかいんだ。


ほっ。


これで、あすから5日間の「自宅治療」を開始できる。


ただ、この間は治療に専念するので、たぶん、パンは焼けない。

ま、それはがまんしてもらおう。

ぼくも5日間、朝は一緒に起きて、

彼女が寝過ごすことがないようにするので、

峠、坂攻めは、がまんだな。



昨日、今日の、女将のパンのあさめし。
(病院のスタッフの方々にお礼にと焼いたパンの、自家消費分、です)



カフェ・ラッテと、女将のパン(レーズンとカシューナッツ入り)。

和風.jpg
「和」 カフェ・ラッテは塗椀です。

洋風.jpg
「洋」


まったく同じものを食べ、飲んだけど、

和でいただくときは、なぜか背筋がすっと伸びた。

洋でいただいたときは、リラックスした。



なぜなのか、その理由をいま、考えているところです。