So-net無料ブログ作成
検索選択

一週間が通り過ぎて。 [卒業]

ずいぶんと落ちついてきた。



この1年と10ヶ月、

ぼくは、

女将が入院したときは毎日欠かさず見舞・看病に行き(皆勤だよ)、

女将が上昇気流に乗れたときは、黒森庵を営業してきた。



3.11以後は、女将は高度が乱高下しながら、

徐々に高度を下げだし、病院もしくは自宅治療をくり返すようになった。



それでも、女将が半身不自由ながらも、

精いっぱい元気に生活する様を一緒に味わえるのは、

なににも代え難い、ぼくら家族の喜びだった。



一方、この病気特有の、

なにが起きるか分らない、というある種の緊張が、

常に我が家にあったことは、間違いない。


だから、心身ともに、

ぼくら家族は、

かなり消耗していたことも、間違いない。



女将の卒業式を無事終え、


一週間を過ぎ(仏式でいうと初七日でしょうか)、


それぞれ自分たちで現実を直視できるようになり、


普段の生活にソフト・ランディング、


そういう余裕がでてきたのかな。



じゃ、今日は、


ぼくたち流に、一週間が過ぎたことを祝おう。


続きを読む


nice!(0)