So-net無料ブログ作成
こころのなかの、こんくらい ブログトップ
前の30件 | -

あれは、夢?。 [こころのなかの、こんくらい]


今朝、妻と会話、

つまりチャネルしていた(ようだ)。



寝床で目覚めると、夢心地ながらも

今日はなにかいつもより近い

ていうか

空気が濃密な感じがした。


続きを読む


nice!(0) 

できるだけ、消費しないで、生きる。 [こころのなかの、こんくらい]



ずっと、ん十年も感じ続けてきたことだけど

朝起きたらそれが言葉になっていたので

備忘録として。


そして、元デザイナーとして

懺悔として。


続きを読む


nice!(0) 

良い時代になると、いい。 [こころのなかの、こんくらい]



山形で、日々あれこれ食し

いつもの日常とは違う生活が

しばし続いた。


それはそれで、おいし、うれし、たのし。


でもそれは、やはり「ハレ」だ。



やっと、最近、日常に戻ったかな。


続きを読む


nice!(0) 

愛という、存在。 [こころのなかの、こんくらい]


妻を、時々チャネルしてる。



そう感じることがあることは

すでにカミングアウトしちゃったから

今日もその感覚があったので

書いてみる。



ただ、今日はなにか、口語体じゃなかった。

妻じゃなかったのかな。



続きを読む


nice!(0) 

大きな、波。 [こころのなかの、こんくらい]

書いちゃう。



ここ最近、といっても

5月の末あたりから感じていること。


もっといえば

それは2014年あたりからかな。


続きを読む


nice!(0) 

地球との、対話? [こころのなかの、こんくらい]



この世の中、

楽しんで生きようと思えば

そうなる。

苦しみながら生きようと思えば

そうなる。



そう、

それは自分がどう生きようかで

すべてが決まる。


続きを読む


nice!(0) 

超夢、と、天使の伝言。 [こころのなかの、こんくらい]



もう、なんというか

諦めの境地だけど

ここ2〜3日(いや、もっとかな)の夢見は

さらに輪をかけて猛烈で

超リアルさが半端ない。


続きを読む


nice!(0) 

生きる。 [こころのなかの、こんくらい]


三女子リスは

植物たちと話しをしているようだ。


動物・昆虫たちとも。



きっと、そうなんだろう。



芯だけになったキャベツ、

彼女は三角コーナーから拾い

水を日々補給し

語りかけている。


DSCN5459 (1).jpg

DSCN5463 (1).jpg



nice!(0) 

6月9日、ロック? そう、そんな一日だったかな! [こころのなかの、こんくらい]


5月31日を境にぼくの身体が

なにか変化しだしている感じ、

これは、吉兆か。



続きを読む


nice!(0) 

ゴリラの嫁入り? [こころのなかの、こんくらい]

6月5日の日の入り、

なんだこれ?!

というくらいすごかった。

続きを読む


nice!(0) 

パパメイアン、カレー、ジョウゲンノツキ。 [こころのなかの、こんくらい]

妻へのプレゼントの「パパメイアン」、

ぜんぜん知らない名前の薔薇だった。


RIMG1021.jpg

続きを読む


nice!(0) 

小天丼の、想い出。 [こころのなかの、こんくらい]

5人の子リスを育て上げた、

今日は、妻リスの誕生日。


おし、みんなで、あすこに行こう。


GO!

続きを読む


nice!(1) 

「草間彌生 わが永遠の魂」を、観た。 [こころのなかの、こんくらい]


草間彌生さんの個展、

「わが永遠の魂」

を観た。

続きを読む


nice!(0) 

妻を、チャネル? [こころのなかの、こんくらい]


今日もずっと超夢を見続けていたけど、

それは置いといて。



このところしばしば第三の目あたりが

ムズムズする感覚が強くなってる。


ん〜こう書くと、

なんだかスピリチュアル的だけど、

ほんとうのことだから、書きます!


続きを読む


nice!(0) 

小鳥の、歌。 [こころのなかの、こんくらい]


27年前、「蕎麦打」という本を書いた。


ハードカバーで6刷くらいまで行き、

その後、文庫で2万部くらい刷っていただいた

とてもうれしい本だった。


続きを読む


nice!(1) 

鶴居村、またね。 [こころのなかの、こんくらい]


あっという間だ。


でも、なんて充実してるんだ。



もう、だいたいは味わい尽くせた気持ちはあるけど、

でも、もう一度しっかりと見ておこう。


今日は写真を撮るというよりも、

自分の目に焼き付けよう。


続きを読む


nice!(0) 

地球を生きる、Life On Earth。 [こころのなかの、こんくらい]



初日に見た「火球」、あれはなんだったんだろう?


火球は火球なんだろうけど、

なんで、いま、ここ鶴居村で?


そんなことをつらつらと考えていた。



お、今日も晴れだから月・星が撮れそうだ。



GO!


続きを読む


nice!(0) 

鶴居村、2日目。 [こころのなかの、こんくらい]



ああ、ぐっすりねた!



・・・と言いたいけど、

1時間ほどで起きて、GO!

続きを読む


nice!(0) 

鶴居村、初日。 [こころのなかの、こんくらい]


久しぶりだ、飛行機の旅なんて。



なるべく現地での時間を有効に使いたいから

朝の便にした。


続きを読む


nice!(0) 

鶴の、お告げ? [こころのなかの、こんくらい]

不思議なことって、あるんだな。



ぼくは永福町駅屋上庭園「ふくにわ」で

よく日の入りの写真を撮るんだけど、

この日の雲は、なにかいつもと違っていた。


続きを読む


nice!(0) 

加速感。 [こころのなかの、こんくらい]



自分の中の変化が大きいのか、

世の中が大きく動いているのか。



今日も煎餅を買いに、人形町を往復してきた。
(最近、煎餅は必需品なんです)



続きを読む


nice!(0) 

いま、ここ。 [こころのなかの、こんくらい]


このところ、ずっと

超リアルな夢ばっかり見ている一方で、

起きてる時はしばしば瞑想をしています。



ある日、目覚めたら

ぼくがやっている瞑想について

なにか言葉がまとまったので、

備忘録として書き留めておこう。


続きを読む


nice!(1) 

羅針盤。 [こころのなかの、こんくらい]



本来、人間という存在はみな

神を内在していて

すべての答えは自分の内側にある。



大人の言葉で言えば

そういうことになるのかな。



子どものころからなんとなく

なんでも、どんなことでも、

やろうと思えばできる、

そういう感じがしていました。



「一般の人々」と「芸術家」の違いといえば、

自分の能力・才能を信じ切っているか

そうでないかの違いだけなんじゃないか。



自分を掘り下げ

自分という存在を認め

自分らしく生きようとするならば

すべてうまくゆく。



世の中って、

そういうふうにできているのだろう、

今でもそう思って

日々を生きています。



「こころは人生の羅針盤」

子どものころから今まで

この感覚は変わりません。



大事なことは

「羅針盤を磨き続ける」こと。



こころはすべてを知っているから。

こころは間違わないから。

羅針盤がちゃんと動いてほしいから。



「優劣」

「勝ち負け」

「富の集中」



そういうことは、

もう終わるのでしょう。



みんなそのおかしさに

気づき始めているんじゃないかと思います。



新たな動きが

目には見えないかもしれないけど

胎動として感じられる。



ぼくの「羅針盤」は

新しい風を感じています。




DSCN7634.jpg



nice!(0) 

瞑想、星空、すごくいい。 [こころのなかの、こんくらい]


思い立って、というか、

急にやりたくなって

瞑想を始めた。



これが、じつにいい。


続きを読む


nice!(0) 

イン・マイ・ライフ。 [こころのなかの、こんくらい]


ここ4年ほどの間に、

ぼくは妻と母の

「この世の卒業」に関わった。


続きを読む


nice!(0) 

母と、呑む。 [こころのなかの、こんくらい]



くぅ〜たまらん。


つい先日まで元気だった母が

彼方(あっち)へ行っちゃったよ。



いつか来るとは覚悟してたつもりだけど、

こうもあっという間に行くというのは、

さすがに考えてなかったな。



ま、旅立ちたかったんだから仕方ない。


呑もう。


続きを読む


nice!(0) 

5月14日の、宝物。 [こころのなかの、こんくらい]



妻の、この世に置いてったものたち(遺品とはいわないよ)を整理していたら、


ぼくのものたちも、自然と目に入ってくるわけだ。



ついでにぼくのも整理するわけだが、


加齢も手伝って、忘れているものが多いんだな。



こんなのが、でてきた。


続きを読む


nice!(0) 

突き詰める、ということ。 [こころのなかの、こんくらい]



ぼくは、子どものころから手先を使ってなにかを作ることが好きだった。




バルサを切り、角を紙ヤスリで丸め、接着剤でくっつけ・・・、


ああ、うっとり。



プラモデルを作るのも好きだった。


塗装をするのもおもしろかった。




接着剤のにおいも、塗料のにおいも、


それは「臭い」ではなく「匂い」だった。



うっとり、うっとり。



続きを読む


nice!(0) 

1968年に、タイム・スリップを、します。 [こころのなかの、こんくらい]



うちには、いくつか、

使えなくなった「もの」たちが、いる。



使えないのだけど、どうしても捨てる気になれないので、

今でも持っている。


今日は、そのひとつをお見せします。


といっても、値打ちもん、とか、

お宝、とか、そういうものじゃありません。


続きを読む


愛おしむ、こころ [こころのなかの、こんくらい]

シャスティンさん一刷り.jpg



昔とちがって、

右肩上がりの経済成長が望めそうにない時代に生きるぼくたちは、

より堅実に生きてゆかなければならなくなった。

永遠に右肩上がりするわけはないと思うので、流れとしては自然な気もするが、

それにしても今の不況、元気のなさは、

ちょっともう、あきたなぁ。



経済も、政治も、来年の今ごろがどうなっているのか・・・、

そんな状態だ。



それならそれで、

ひとつ、ここらへんで、

もういちど自分たちの生き方を見直してみるのも悪くないな、きっと。


続きを読む


前の30件 | - こころのなかの、こんくらい ブログトップ