So-net無料ブログ作成

栄養は、どうやって? [超夢]



麻布か、広尾か

そういう感じの街に

子リスたちときている。


夕方。


自動車で。


にぎやか。




パーキングに停めてぶらぶらしていると

夢の中でしばしば出てくる街が、今回も。



メインストリートから外れた

小高い丘のようなところに

細い歩道のみの坂がある。
(狭くて自動車が通行できない)



両側は小料理屋、ビストロ、カフェ

洒落た雑貨店などが軒を連ねる。

みな、こじんまりとしている。



そしてやはり

そこに必ず夢に出てくる飲み屋が。



春の陽気なので

ガラスの引き戸が全部取り払われて

カウンター7席くらいの小さな店だけど

完全にオープンスペースになっていて

心地良さそう。



そのカウンターに、一人だけお客が。



まだ5時半ちょっと過ぎだから

一番乗りのお客かな。



店の大将と目があう。



「おお、今日はご家族で」

「うん、そうなんだ、ひさしぶり」

「みなさん、おおきくなられて」

「うん、そうだね」



立ち話の最中だが

お客さんの食べているものが

なんだかすごくおいしそうで

気になって仕方がない。



手の込んだ料理じゃなさそうだけど

黒い艶消しの丸い皿に

ちょこちょこと、5品くらい。



いつのまにかぼくは

吸い込まれるようにカウンターに座って

「じゃ、ちょっとだけ、飲むかな」

とマスターに。



なにをお飲みに?

そうだな、まず生ビールと

それからいつもの冷酒で。



「おとうさん! 飲んでいいの?自動車だけど」



そうだった、車だった。

じゃ、帰りは誰か運転してくれ。

子リス、頼んだぞ。

やだ、こわいよ

もう何年もハンドル握ってないもん。



そうかぁ、だめかぁ

冷酒飲みたいなぁ、食べたいなぁ。



じゃ、今日は諦めてまたいつか出直すか

そう思って席を立とうとすると

隣のお客さんが



「黒森庵さんですよね

いつもブログ・SNS拝見してます。

いつも美味しそうなものを

子リスさんたちと皆さんで

作って食べていらっしゃるようですが

コストというのは、どのようにお考えですか?

考えておられるか、度外視か」


「ああ、もちろん、考えています。

昔だったら常に

無農薬・有機もしくは自然農法で限っていました。

一時期は自分で無農薬栽培もしていました。

でも、最近は、ほとんどスーパーです。」


「ほう、そうでしたか

私はてっきり

素材を吟味なさっているのかと」


「いえいえ、そうじゃないんです

どこにでもあるような

普通の食材たちなんですよ」


「ほう、なんだかいいかんじ・・・デス・・・ネ」



その男性の声が遠くなって・・・

目が覚めた。



まだ目を閉じて夢うつつの中

どこからか

情報がどかっと入ってきた。



人は日々食べ・飲み

そこから栄養素を取り込み

便・汗などを排出している。



どんな食べ物・飲み物でも

いったん取り込んだものは

分解されて、身体に吸収され

不必要なもの(あるいは摂取したくないもの)は

排出される。



その吸収のされ方というのは

どうなっているのだろう。



少なくとも

自分の頭で一口食べるごとに考え

栄養素を見極めて

「これは摂取、これは排出」

なんてことはやっていない。



やれ、たんぱく質だ

やれ、カルシウムだ

やれ、ビタミンだ

やれ、・・・

やれ、やれ。



身体が欲しいものは取り込み

欲しくないものは取り込まない。

そういうふうにできている。



では、そのふるい分けは

どうやってしているのかというと

それは、じつは、心だ。



楽しく幸せな状態でいるということは

その心が

身体が欲しがる栄要素を引き寄せる。



逆は逆でまた

楽しくない、妬み嫉み

恐れ、苛立ちなど

そうした心の状態が

それに適した身体になるような

栄要素を取り込む。



同じものを食べても

心の有り様によって

栄養素の摂取の仕方が変わってくるのだ。



明るく生きることが大事

おいしいものを、ありがたくいただく

ということは

そういうことなんだ。



一瞬のうちにこんな情報が

ぼくにダウンロードされた。


妻から、かな?


いい、超夢だった。


nice!(1) 

nice! 1