So-net無料ブログ作成

ソーラーパネルの配線に、こぎつけたか。 [小黒森庵]


どうしても

ビス・ナットの強度が

気になって仕方がない。



新しいビス・ナットに取り替えて

これで大丈夫・・・

・・・か、とも思ったけど

途中でトルクをかけて閉めている時

そのうちの一本、一瞬

「ぐにゃり」というような感触を

手が受け取った気がした。


どうも、おかしい。

なんだか、いつもとちがう。



そういえば、と思い立って

20年くらい前の工具箱を探し出し

そこにあった同じ径のビス・ナットを

試しに組んで締めてみた。



ぜんぜんちがう。

とてもタイトに、カッシリと締まる。


なんでだ?

素材以外に考えられない。



親友のMくんからは

「ビス・ナットは国産のものを」

と言われていた。



やはり親友のYさんからは

「最近のホームセンターで売られているのは

東南アジア製のものが多いようだ」

とアドバイスを受けていた。



よし、やろう。



昔ビス・ナットを買っていた


DSC_7211.jpg
お店へ行く。

周囲はすっかり様変わりしてたけど

ここは健在だった。

懐かしいぞ。



家に戻り

小黒森庵の脚のビス・ナットを

一ヶ所入れ替えてみた。



締まる感覚がすでに、違う。

しっかりと

「締めた」感覚が手に伝わる。



これだ。

自分の感覚は間違っていなかった。



よし、ここまできたら

徹底的に強度を調べてみたいと思い

ネジを最後までトルクをかけて締めてみたら

なんと買ってきたネジが


P7061950.jpg
破断した。



破断したけど


P7061952.jpg
P7061947.jpg
ネジ山は潰れていなかった。



一方、ホームセンターで買い求めたビスは


P7051920.jpg
山が削れていた(潰れていた)。



つまり。


今までに使った2種類のビス・ナットは

もっと早い段階で破断が起きていたか

あるいはネジがバカになって

脚がグラグラになっていただろう。



それが分かったので

すべて四脚とも外して

買ってきたビス・ナットと入れ替えた。



三度目の正直。

またひとつ乗り越えた。



「ごばんがでぎだばよ」は

三女子リスが


P7071959.jpg
メンチカツを作ってくれた。


P7071961.jpg
メンチカツ定食。



息抜きができた。

おいしかった、ありがとう。



そして

次のピークを味わい始めた。



それは

いよいよ


P7071969.jpg
ソーラーパネルの配線。



ケーブルが殊の外硬いのと

ソーラーパネル自体が移動する構造のため

ケーブルの長さが伸び縮みすること

などなどを考え合わせると


P7071971.jpg
引き回しが難しい作業になるかもしれない。



でも、きっとどこかに

答えはあると思う。



P7071974.jpg
楽しもう。



nice!(0) 

nice! 0