So-net無料ブログ作成

Verve+のポジション出し、調整、などなど。 [小黒森庵]



TREK "Verve+"、

1回の充電で200km走れることは分かった。


それが、分かって、うれしい。

そして、なんだかちょっと、ホッとした。

そしたら、急にポジションが気になりだした。




DSCN6321.jpg
愛馬。


このポジションは

18年間ちょっとずつ

各部を2~3mm程度ずつアジャストして

ここまで作り上げた

自分なりに満足するポジションです。

いつまたがっても、ホッとする。



P7280052.jpg
ちょっと、近づいたかな。

ハンドルステムを上下反対にし

スペーサーもステム下部にあったものを

そっくり上部へ移し

ハンドル位置をだいぶ下げた。



P7152309.jpg
納車時のポジション。

ハンドル位置がアップライトですね。



でもぼくの愛馬のロードバイクとは

元々ハンドル形状も違うから

まったく同じには出来っこないんだけど

それでも、前傾姿勢が取れるようになったので

ずいぶん走るのが楽になった。



ハンドルステムには


P7280054.jpg
補給食などを入れるのに便利なポーチを。



次に。

ずっと気になっていた作業。

リアの泥除けを延長した。



泥除けが標準装備なのは大歓迎だけど
(とくに背中への跳ね上げがなくなるのはうれしい)

デザイン的なものだろう


P7152307.jpg
短くカットされていて

このままだと

雨の日に跳ね上げた泥が

ぜんぶ小黒森庵の「玄関」にかかってしまう。



この自転車の購入を決めたときから

ずっと悩んでいたことだったんだけど

でも、解決法を決めかねていた。


まず、延長するための適当なサイズの

とくに700×42cというタイヤ半径に合う

市販の泥除けがなかなか見つからなかった。


やがて

やっとなんとか見つけたけど

つぎに

それをどう処理するかいろいろ考えていた。


それがうまく出来たとしても

本体泥除けへの取付方法も考えなきゃだし。



でも、あれこれ考え過ぎても

これまた動けなくなってしまう。


昨日、なんとかなりそうな気がしたので

えいやっ、でやってみた。



一番ドキドキしたのは

標準装備の泥除けへのビス穴加工だった。

だって、失敗しちゃったら

目も当てられないから、ね。



無事成功したけど

驚いたことに

TREK "Verve+" の純正の泥除けは


P7290091.jpg
アルミの引き抜き材だった。
(まさか鋳造?)


裏側にリブが立っており

部分的には厚みは3mm以上あるだろうか。


樹脂かな?

それにしては指で弾いた音が甲高いし

手で捻ろうとしてもビクともしないな

と思っていただけに、納得。


と同時に

やっぱりTREKという会社、すごいと思った。

意気込みを感じる。


日本のメーカーはまずここまでやらないだろう。

樹脂か、あるいは

アルミかステンレスのプレス品か。

できるだけ汎用品で済ませるだろうし。



で。



ぼくが延長用に買ったのは樹脂製だけど
(これしか見当たらなかった)


P7290088.jpg
P7280080.jpg
裏側に補強用のアルミ材を這わせた。


一番どん尻の部分は

ゴム板をハサミで切って

さらに泥水が跳ね散らないようにした。


P7290169.jpg
P7290168.jpg
P7290170.jpg
一応、無事作業終了というところかな。



P7290173.jpg
前後の泥除けの後端部の長さが揃った。



たぶん、これで

小黒森庵の「玄関」は汚れないで済む。



また一つ、ピークを越えられた。




nice!(0) 

nice! 0