So-net無料ブログ作成

小黒森庵と "VERVE+" 初対面、次、は。 [小黒森庵]



やっとというか

とうとうというか


P8130635.jpg
牽く側と、牽かれる側の初対面。



P8130634.jpg
無事、ソーラー充電テストへ移行したんだけど

一発では決まらなくて(そらぁ、そうだと思う)

何回か繰り返さなきゃならないことが分かった。



てことはつまり

充電したアシスト自転車のバッテリーを空にしないと

次のテストができない、ということなのだ。



つまり、走らねば。

おお、そういうことか。



今回はバッテリーを早く減らしたいので

アシストは最強モードの「TURBO」モード固定。


しかも常にアシストがかかるように

24km/h以下で走るようにした。


できるだけ坂のあるルートを選んだ。


ストップ&ゴーを多くしたいので

寄り道をして写真を撮ったりした。


実際には築地2往復。

初回はそこから人形町まで。


途中、あちこち走ったなぁ。

坂、登ったなぁ。

向かい風、探して走ったなぁ。



DSCN6830.jpg
クロモリ・ラグ溶接の、ヴィンテージBIANCHI MTB。

たしか"PEREGRINE"という名前だった。

すべてオリジナルのままだと思う、タイヤもサドルも。

サドルはAVOCETだったと思う。

ピカピカの新車状態。お宝だな。



DSCN6831.jpg
DSCN6832.jpg
時の流れを感じさせる店内。

洗髪の時は顔を下にするタイプの洗面台。

「アイパー」の文字、なつかしい。



DSCN6834.jpg
DSCN6835.jpg
DSCN6833.jpg
ビーフカツ、食べてみたかったけど

お昼時で満席、順番待ちだったので、いつかそのうち。



DSCN6836.jpg
DSCN6839.jpg
自家焙煎。

ご店主の趣味か?

ヴィンテージのMoto Guzziと、VeloSoleX。

入ってみたかったけど

熱いものを飲みたい気分じゃなかった。

いずれ近いうち。



DSCN6840.jpg
桃のレリーフが建物2階窓アーチの上に。


DSCN6842.jpg


DSCN6843.jpg
桃?乳?


DSCN6841.jpg
タイムスリップしたかのようなショーウインドウ。

ハンバーグ、ワンコイン。

「スパゲティ」は見本が退色していて

どんな料理だか判然としない。

ハヤシライスとカレーライスの見本を

共用しているところもすごい。

お腹が空いてなかったからパスしたけど

近々に、勇気を持って入ってみようか。



DSCN6844.jpg
抜きつ抜かれつをしばらく繰り返した、彼。

といってもお互い20km/hくらいなので

競ってるのではなく

つい追いついちゃうので仕方なく抜くというパターン。

気づいたのは・・・


DSCN6845.jpg
Blue Suede Shoes! 



俺の足を踏むんじゃないぜ!



DSCN6849.jpg
なんだ、なんだ、これ。

オリンピックもそうだけど

2020年って

どうもあまり盛り上がらない感じが漂ってるな。

普通じゃない感は漂ってくるけど

楽しさ・喜び、が、伝わってこない。



DSCN6857.jpg
DSCN6858.jpg
DSCN6859.jpg
植物って、すごい。

人工物を飲み込んじゃってる。

人間がいなくなったら

あっという間に、都市は森に戻るんだろうな。



DSCN6861.jpg
なんのためのデザインなのか

なにを表したいのか

かわいいのか

なんなのか、よくわからない。



友人が足繁く通うということで


DSCN6863.jpg
場所を確かめに来てみた。

ここも、近々に。



そういえば、近くに・・・


DSCN6866.jpg
妻と、よく来たなぁ、健在。


DSCN6865.jpg
お休みだった。



DSCN6867.jpg
ターレーって、ナンバーなくて公道走れるんだっけ。

ターレーって、人も運べるんだっけ。


DSCN6872.jpg
築地、再び。



DSCN6896.jpg
皇居、再び。



DSC_7430.jpg
というわけで、とても時間がかかった。

107.86km、一日で走った。

バッテリーは、無事、空っぽに。



ちょっと

今日は大きな自信につながった。


都内だけで一日100km走るというのは

初めてなんだ。



多摩サイ走って

和田峠登って降りて

自宅へ帰ると

だいたい108km前後。


でもそれは

「峠を登る」

という大きな目的があるから

なんとかできるんだけど

でも今日は、ただただ

TREK "Verve+" のバッテリーを空にする

ていうのが目的だったから

じつはけっこうきつかった。


いくら走っても走っても

バッテリーが減らない感じだった。


それでも最後まで走りきれて

バッテリー残量がゼロになったということは

これからの小黒森庵を牽いての走行へ

大きな自信となった。



総走行距離、107.86km。



今回のこの数値は

ほぼ全域「TURBO」モードで

常にアシストがかかった状態での走行だったから

多分、最悪のパターンだったと思う。

それでいて100kmを超えてしまったのだから

なんども書いてしつこいけど

TURBOモードでの航続距離のカタログ値は40km。

TREK"Verve+"は、本当に素晴らしい。



そして、自分のことについて言えば

都内走行だけで100km超えられたのは

ちょっと、うれしい。


DSC_7433.jpg
DSC_7432.jpg
次は、これ。


nice!(0) 

nice! 0