So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

こつこつ、こつ、こつ。 [小黒森庵]



ここへきて

小黒森庵の作業が

なかなか難しくなっている。



というのは

ソーラー発電・充電の最終決定をしたいが

曇り・雨の日々が続き

思うように事が進まないからだ。




あれだけ暑い日々が続き

快晴の日々だったのに、ね。



出来ないことは出来ないので

その間

別なできることをしていた。



寝袋を、買った。

ほぼモンベルで決めかけてたんだけど

色が紫しかなくて

ずっとお付き合いするのには

モノトーンがいいな、と思っていたら

たまたま、黒があった。


こちとら、黒森庵でぃ。


P9142113 (1).jpg
P9142114.jpg
即、げっとした。



夜走るかもしれないから


P9142115 (1).jpg
反射板付きベスト、げっと。



雨対策もしなければならない。


これもずっと考え続けていたことで

ロードバイク用のものにしようかどうか迷っていた。


でも高性能なレインジャケットでも

汗をかけば蒸れて

結局はインナーがびしょびしょになる。


それならお母さんたちが

幼稚園・保育園の送り迎えに使う

ママチャリ用のポンチョはどうだ。



そう思ってしょっちゅう

ポンチョ売り場を見ていた。


でもこれも買いたくても

色が真っ青とかベージュに水玉とか

イマイチでいつも見送っていたのだが、

昨日通りがかったら、なんと白が。



白ていやぁ、小黒森庵。


即げっと。


運良く(こういうときは)雨が降っていたので

即、テスト。


RIMG1119 (1).jpg
RIMG1120.jpg
RIMG1121 (1).jpg
ことのほか、調子良い。


ポンチョ自身が、テントというか

いわゆる「タープ」になる。


サイドはまさにタープのように空いているんだけど

パンツはまったく濡れない。


ぼくは「ワラーチ(man3DALs)」を履いて行くので

足は濡れるのは一向に構わないし

ジーンズの裾をまくればそれでもう、濡れない。


バタ付きを防ぐためのクリップを

本来は前カゴに付けるのだけど

これもたまたま

TREK"Verve+"には泥よけが付いていて

しかもそれがアルミ引き抜き材の頑丈なものだったので


RIMG1122.jpg
そこに付けることができた。




ソーラー関連は

まだ最終決定する前にしたいことはあるのだけど



P9152119 (2).jpg
P9152124.jpg
パネルは3枚目を追加した。



見切り発車はしたくない。



ここまで一つ一つ

得心の行く形でやってきた。



でも小黒森庵で北海道まで行くなら

もうあと数日ですべてを終わらせ

目的地へと向かうことになる。



ぼくにとって一番苦手なのが

「スケジュールのお尻を決める」ことで

完成する時が完成する時だと思っているので

お尻に合わせて

作業を加速させるようなことはしたくない。



五十嵐威暢さんの個展

オープニングセレモニーに間に合うためには

もう、今からだとちょっと

全行程の自走は厳しいかもしれない。



仙台まで行き、そこからフェリーで苫小牧

というのが現状リーズナブルかな。


仙台~苫小牧は15時間~15時間半

苫小牧から札幌までなら、一日で行くだろう。



あるいは大洗からフェリーになるかもしれない。



一番残念コースは

今回は小黒森庵ツアーは中止して

飛行機で札幌へ飛ぶことだけど

それも視野に入れておこう。



フェリーにしても

飛行機だとしても

もう、予約しないと、だな。



焦って、いいことはなに一つない

一番良い方を探そう。



そうならないようにしながら

自分のベストで考え、動こう。


RIMG1116 (1).jpg




nice!(0) 

nice! 0