So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「五十嵐威暢の世界」、内覧会に行きました。



五十嵐威暢さんとのご縁は

もう、どのくらいになるのだろう。



常に、ぼくの心の中心に居続けて

励ましてくれる存在のお一人です。



その五十嵐威暢さんの個展が

札幌芸術の森公園で始まった。



GO!






PA052552 (1).jpg
PA052562.jpg
PA052566.jpg
札幌市長からの感謝状の授与式

各界からの祝辞

テープカットなどを経て

いよいよ五十嵐さんの作品たちに

リアルに会える!



内覧会当日は撮影OKでしたので

アップさせていただきます。



PA052585.jpg



PA052580.jpg
新作:「ふわふわ」

作品制作風景は、こちらで見ることができます。



PA052583.jpg
新作:「ころころ」

制作風景は、こちらから見ることができます。



PA052588.jpg
カルピス、サミットストア、JRタワー、などなど

見たことのあるロゴマーク、多数。



PA052589.jpg
アクソノメトリック(透視)図法による作品たち。



PA052590.jpg
当時、初めて見たときの衝撃は今も忘れられない。

「誰も見たことのない世界」を見せてもらった

そんな気がしました。



PA052591.jpg
現代だったらパソコンであっという間かもしれないけど

当時ドラフターですべて手描きだった

ということを想像するだけで、気が遠くなる。



PA052595.jpg
A to Z のアルファベットたち。



PA052596 (1).jpg
ランニングシューズNike180のための彫刻 。



PA052598.jpg
CSデザイン賞のトロフィ。

円筒形の木製の箱に入っているが

可動式で「C」と「S」に変化する。



PA052600.jpg
「AFRICA PRIZE」トロフィー。

アフリカの飢餓終結に顕著な功績のあった個人に送られる。



PA052602.jpg
eki clock。


PA052603.jpg
eki watch。

この二つの作品はJR札幌駅コンコースにある


003z7.jpg
駅時計のデザインをモチーフとしている。
(これももちろん五十嵐威暢さんデザイン)




PA052605.jpg
メモし忘れちゃったけど記憶だと

南部鉄瓶・茶釜の手法で作った座面+アルミダイキャストの三脚

・・・山田照明での販売・・・だったような(絶賛加齢中につき)。



PA052606.jpg
カトラリー。

これも初めて見た時、驚いた。

あのナイフ・フォーク・スプーンたちが

五十嵐さんというフィルターを通すと

こうなってしまうのか。

(現在でも入手可能のようです)



PA052609.jpg



PA052610.jpg



PA052611.jpg



PA052615.jpg



PA052616.jpg
PA052619.jpg
新作:「Horizontal Feeling / 夏の碧」

制作風景はこちらから見ることができます。



PA052621.jpg
テラコッタの新作。(題名はメモし忘れました)

制作風景は、こちらから見ることができます。



PA052639.jpg
PA052631.jpg
PA052635.jpg
五十嵐さんが市に寄贈された新作「komorebi」。

制作風景は、こちらから見ることができます。



PA052548.jpg
1973年の個展から始まり

彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示す

ポスター、プロダクト、彫刻などなど

約150点以上が一堂に会するという

素晴らしい世界でした。



札幌芸術の森美術館
札幌美術展 五十嵐威暢の世界

会期
2018年10月6日(土)~11月25日(日)

時間
午前9時45分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場
札幌芸術の森美術館

観覧料
一般1,000円、高・大学生700円 小・中学生400円
休館日
11月3日以降の月曜休館
https://artpark.or.jp/tenrankai-event/igarashitakenobu/



nice!(1) 

nice! 1