So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

満たされる。



早い、早すぎる!(今年何度目の叫びだ)



だって北海道へ行った日から

もう10日、経っちゃった。



おいしかった食べ物を

記憶で、反芻。





親友宅に三泊させていただいたが


DSC_7655.jpg
DSC_7654.jpg
親友手作りのホッケ一夜干し

こんなホッケは初めて食べた

というおいしさだった。



PA062702.jpg
親友自作煉瓦積み上げ式ピッツァ釜で焼く



PA062708.jpg
PA062711.jpg
PA062712.jpg
もう一人の親友が窯入れする。


PA062718.jpg
トマト酵母生地のマルゲリータ、最高。



PA062731.jpg
ぼくの「出張鳥つくね鍋」。



PA082915.jpg
親友宅で取れた、親友が炊いた栗ご飯

ほっくり、おいしかった、などなど。




帰宅後、初日は

末子リス中心に

子リスら寄ってたかって作ってくれた


PA082921.jpg
ミラノ風カツレツと

スパゲッティ・ポモドーロ。



RIMG1231.jpg
RIMG1232.jpg
翌日、長女子リスの筑前炊き。



次の日は


RIMG1249.jpg
RIMG1252.jpg
長男子リスは、鶏肉豆腐。



その次の日、

札幌の親友から届いた新鮮野菜たちで

三女子リスが


RIMG1262.jpg
ラタトゥイユ・ハンバーグステーキ。



RIMG1274.jpg
RIMG1277.jpg
寒い日は、なんつたって、鍋だ。

この日もみんなで寄ってたかって。


RIMG1264.jpg
RIMG1275.jpg
北の大地の赤大根の

新鮮な風味に驚く。



食材が豊かだと

お腹も心も豊かになるなぁ。



目と心は



PA052629.jpg
PA052638.jpg
PA052631.jpg
五十嵐威暢さんの作品で満たされた。



北海道、すばらしい。



札幌芸術の森美術館

札幌美術展 五十嵐威暢の世界


会期
2018年10月6日(土)~11月25日(日)

時間
午前9時45分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場
札幌芸術の森美術館

観覧料
一般1,000円、高・大学生700円 小・中学生400円

休館日
11月3日以降の月曜休館



nice!(1) 

nice! 1