So-net無料ブログ作成

"Bohemian Rhapsody" [こころのなかの、こんくらい]



音楽に限らず

ぼくはあまり映画を観ない。
(父が俳優だったにもかかわらず)


中学1年生で打ちのめされたThe Beatlesでさえ

A Hard Days Night しか映画館では観ていない。



そのぼくとしては極めて珍しく

音楽関連の映画を観に行った。




PB120115.jpg


音楽は大好きだから

もちろん何曲かは知っていたし

良い感じの曲だなと思えるものもあった。



でも彼らを初めて聞いた当時

The Beatlesほどのインパクトはなかったので

それ以上踏み込むことはなかった。



今回の映画は

なぜか惹かれる感じがしたので

シニア割引を駆使して観た(おおげさか)。



なにしろ、俳優たちがうまい。

みんな、似てる。



フレディー・マーキュリー役はもちろんだけど

ブライアン・メイ役は本人じゃないか?

と思えるほど

似ていた。



エンディングが近づくにつれて

劇場のそこここから

鼻をすする音が聞こえてきたのが

この映画の成功を物語っているようだった。



映画館の音響もど迫力で

まるで当時のライブ会場にワープしたかのようで

映画が終わってもしばらくは

ここだれ?ぼくどこ?状態だった。




家に帰ると、次女子リスが


PB120119.jpg
炊き込みご飯と


PB120116.jpg
鳥大根を作ってくれていた。



食べたら、現実に戻った。

おいしかったな。



おいしい食べ物も

音楽も

美術も

映画も

なんでもそこは

「表現者のエネルギーの蓄電池」

なんだ。


エネルギーを発信する人もいれば

受け取る人もいる。



ぼくは今日一日、たっぷり充電された。




12_06_54__5afe434e1f297H800--1054x640.jpg
良い映画だった。




nice!(0) 

nice! 0