So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

超夢は、続く。 [超夢]



ぼくが勝手に名付けた「超夢」。



チョウユメと自分では読んでいるけど

呼び名の通り

それはただの夢じゃなくて

起きて生活しているのとなんら変わらないほど

細かなところまでディティールがリアルなので

そう呼んでいる。




眠りにつけば超夢

そして起きれば現実

つまりほとんど24時間

「どちらかの世界で目覚めている」

生活(感覚)がずっと続いている。




ぼくはだいぶ前からTwitterをやっていて

過去ログを遡ってみたら

どうやらすでに4年以上この現象が続いている。



それでもなんとかこうやって

元気に生きていられるから

人間ってすごいなとも思うし

「睡眠」ってなんだろう?

とも思う。



最近気付いて嬉しいことがひとつある。


それは

「夢の世界では耳鳴りがない」

ということだ。



ぼくは目覚めてから眠りに落ちるまで

耳鳴りがないことがない。

周波数的には3000~8000hzあたりの音。

これはかれこれ24年のお付き合いだ。



それでもちゃんと生活できるし

オーディオの音は聴き分けられるし

すばらしい音楽を聴いて陶酔できるから

ここでも人間って不思議だなといつも思う。



その耳鳴りがなんと

夢の世界では「無い」のだ。

だからそれはとてもうれしい。



ああ、それから夢の世界では

ものの売買というのをしたことがない。

働いたこともない。



そうだ、あと、夢の世界では

食べるシーンがないなぁ。

それはちょっと物足りないところかなぁ。



ていう具合に

ぼくの身の回りでは不思議なことも起きてるけど

「こっちの世界」では

やっぱり食べることはおいしいし、たのしい。



ブランチは三女子リスが焼いてくれたベーグルと

ベーコンエッグ、そして鳥大根は

まさに極上のコンソメスープだった。


PB140132.jpg




晩ご飯は個食。

半額だった上州牛を包丁で挽肉にして

100%ビーフの和風ハンバーグステーキにした。


PB140140.jpg




どっちの世界も夢の世界のようでもあり

ああ、でも

食べるとやっぱり現実なんだな。



おいしかった。



nice!(1) 

nice! 1