So-net無料ブログ作成

不息。 [小黒森庵]



不息(ふそく?  ふいき?)。


不良の息子のことではない。




たとえば食事をしない

水分だけ

あるいは一日一少食を

「不食」だとすると

ぼくはこのところずっと

「不息」だった。



一分間に息をする回数がとても少ない。


4〜5回くらいかな。

もっと少ない時もあるかもしれない。



瞑想する時の呼吸は

ぼくの場合非常にゆっくりになるが

それと似ているともいえる。


あるいは

日の出日の入り月の出月の入りを観ていると

やはり呼吸が遅くなる。


それらを写真に収めようとするときは

さらに遅くなる。



ボーッとしているようで

でも集中しているような

不思議な感覚なんだけど

そういう時は呼吸が遅くなっている。


深呼吸ではなく

呼吸自体はむしろ

普通よりも少ないかもしれない。


その代わりじわりじわりと

ゆっくり呼吸をしているのだ。



元々ぼくは子どもの頃から集中体質で

模型を作っていたりすると

いつもこのような呼吸になっていたから

キャリアは長いんだけど。



今回、小黒森庵を作っていて

それがいつしか、日常になっていた。


つまり

一日中このような呼吸になっていた。


街を歩いていても。

小黒森庵の部品を選んでいるときも。

家族と食事をしていても。



その呼吸が、ここ数日早い

つまり

人並みの呼吸に戻ることがあった。



あれっ?と感じていたら昨日

一日のほとんどの呼吸が普通の早さだった。



それは多分

集中期間が終わったことを意味する。



ここ数日はいろいろと

なにかどこかが違う感じがしていて

この、呼吸の変化でも

小黒森庵のピークが終わり

最終段階にいることを感じる。



あと、「手が凝った」。

手が筋肉痛にもなった。



肩とか首が「凝る」のは経験があるが

手のひらと、指の先が

凝ったり筋肉痛になったのは

多分人生で初めて。


PC242029.jpg
もう、ちょっとだ。



nice!(0) 

nice! 0