So-net無料ブログ作成

ボタンと、ラジカセ。 [超夢]



小学校のクラス会に出席している。


親友たちはみんな出世してたり

リタイヤして悠々自適だったり。



その中でも

とくに親しかったK君がそばに来て

「◯△◇君がついさっき亡くなって

お通夜があるんだけど

おれ、遠くからでてきてて

悪いんだけど今晩泊めてくれない?」



おお、◯△◇君、亡くなったか。


ま、ぼくの妻はもっと早くに他界してるし

そういう人がいてもおかしくはない・・・。


でも、今日は我が家には

別の遠くから出てくる来客が一泊する予定。



「わるい、今日来客が一泊なんだ」


「そうか、うん、わかった」



やがてその

もう一組の来客との約束の時間が迫り

ぼくは足早に帰宅すると

すでに到着していた。



黒森庵のシャッターが開けてあり

そこで椅子に座って待っていたのは

赤ちゃんを抱えたお母さんだった。



「すみません、お待たせしちゃって」


「いえいえ、私たちが早く着いただけですので」



あ、ほんとだ、まだ時間にはなっていなかった。



「主人がもうじき到着しますので

待たせていただいておりました」



あ、どうぞどうぞ、今お茶でも

と母屋に行き

小リスたちにお茶の用意をしてもらい

店に戻ると

ご主人とその友人が到着していた。



彼らは黒森庵のオーディオを試聴に来ていたのだ。



黒森庵のオーディオシステムは自分で設計した。


メインスピーカーは

重量ブロックを積み重ねて作った

巨大な平面バッフルで

シアターサウンドでもある。



すぐに音出しを始める。



あれ。



音を出しながらシステムの紹介をするのだが

いつもの音とぜんぜん違って

なんだかとても

痩せた平面的な音がする。



やだな、こんな音聴かせたくないなぁ。


ずっとメンテしてなかったから、なぁ。


でもこの話が決まった数週間前に

最後に聞いた時は

問題ない良い音だったんだけど、なぁ。



後悔しても始まらない。



チープな音が鳴り続け

試聴に来た方々は納得が行かない様子。



一呼吸しようと母屋にお茶を取りに行き

店に戻ると

今度はものすごくリアルな

斬新な音楽が奏でられていた。



え”?



急に躍動的な音に変化していた。


良くなった・・・のか?



いや、これはぼくの音じゃない。



そう直感して彼らを見ると

ご主人のリュックサックから

荷解きをしたと思しき小さな段ボール箱と

テーブルの上にちょこんと乗っかったアンプ

それと

小さなCDラジカセが一台。



アンプに繋がったスピーカーコードを

目で辿って行くと

黒森庵の入り口のガラス窓に

直径3cmくらいの

小さなボタンのようなスピーカーが

左右二ヶ所。


そして

両側の壁にも二個。


そして

ぼくらの背後にも数個の

「ボタンスピーカー」が設置されていた。



「すみません、勝手に設置しちゃいました」


「すごくいい音ですね、ご自分で作られたのですか?」


「そうなんです

思いついて初めて作ってみたら

こういう音が出てきちゃって

一度聴いていただきたいと思って」



なんでこんなに良い音がするんだか

皆目見当がつかない。



それぞれのスピーカーはバッテリー駆動でき

ブルートゥースで無線で音源を飛ばせるけど

今はそれをしていない

その方が音がいいから

という説明。



「本当にこの小さなスピーカーたちだけで

このダイナミックな音が出てるんですか?」

と尋ねると

「いや、さすがにそれは無理だったので

低音だけはこのラジカセから出してます」

と、小さなラジカセを指差す。



ラジカセはとても小型で

しかも、みるからに安っぽい。



それにしても

この雄大で透き通った音って、いったい。



そうだ、そういえば赤ちゃんがいた。


その赤ちゃんは

音が良いからか

大音量にもかかわらず

お母さんの胸の中でスヤスヤ眠っている。



なんだか、いいな。



ちょっと前のクラス会は立食で

ほとんどなにも食べてなかったので

なんだかお腹がすいてきた。



彼らと、なにか食べよう。



彼らも遠路はるばる来ているのだから

お腹もすいていよう。



母屋に戻り

出前でも取ろうとメニューを探すが

なかなか見つからない。
(ちなみに我が家は出前を取ることはまずありません)



小リスたちも一緒に探してくれて

ゴミ箱の裏に落ちていた

古い色褪せたメニューを見つけ

ぼくに手渡す。



早いメニュー:

かけそば、もりそば、月見、ラーメン、カレーライス・・・。


って、これ、いつのメニューだ?


今時出前やってくれるのかな・・・?


どこのお店だ?


来福亭?


聞いたことないぞ、そんな名前。


電話番号・・・あたま3桁だ・・・



目が覚めた。




nice!(0) 

nice! 0